FC2ブログ
2018 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 09












スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ACR WEB ブログランキング参加してます
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | △トップページ

P6RGBコンバータ用サブ基板 

えすびさんが公開されているRGBコンバータ用のサブ基板を作ってみた。
回路図を見ながら自作してもよかったんだけど、回路も複雑ではなかったので基板発注しました(^-^

※2017.06.06更新
えすびさんのサイトで新バージョンがリリースされました。不具合の修正と対応モニターが増えたとのことです。

※動作確認済み液晶モニター 2017.06.18 更新
100% 動作を保証する物ではありませんので、参考程度でお願いします。
SONY SDM-P234B , 三菱 RDT233WLM-D , ThinkVision L1711p
センチュリー LCD-8000V , ヒュンダイ Q15 , プリンストン PTFWV-17 , NEC F17R71
corega CG-L17ASW , IODATA LCD-TV195CBR , ダイナコネクティブ NQ150M , プリンストン PTFBGF-19W

新バージョンに対応するためのSRAM増設基板を作成しました。
この基板は、旧P6RGBコンバータサブ基板をお持ちの方向けに頒布します。
P6つくろうブログ RGBコンバータ(12)
P6RGBCon_19.jpg   P6RGBCon_17.jpg   P6RGBCon_18.jpg 


P6RGBコンバータ用サブ基板(改) は家電のケンちゃんにて委託販売中です!
下記を参考に他に必要な物もご準備下さい。

P6つくろうブログ RGBコンバータ(10)(リリース)
P6つくろうブログ RGBコンバータ(7)
※PC-6001初代機はRGB端子が無いので使用できません
怪しいCycloneIIボード版の回路図(サブ基板)とDIN8ピンケーブルを作成
完成したサブ基板とFPGAを合体したのがこちら…
P6RGBcon_07.jpg   P6RGBcon_12.jpg   P6RGBcon_13.jpg   P6RGBcon_14.jpg 

P6RGBコンバータ用サブ基板だけでは何も出来ません。
動作させるには色々と準備が必要です。

※サブ基板以外に必要な物(詳細は↓)
怪しいCycloneIIボード:P6RGBコンバータ本体となる基板
ACアダプター:怪しいCycloneIIボード用の電源
USBブラスター:
怪しいCycloneIIボードに書き込むために必要
DIN8ピンケーブル(自作):P6と怪しいCycloneIIボードをつなぐケーブル


P6RGBcon_04.jpg   P6RGBcon_05.jpg   P6RGBcon_08.jpg 
P6とRGBコンバータ用サブ基板とつなぐDIN8ピン(8a)ケーブルは自作してください。
ケーブルの長さはなるべく短い方(20~30cm)がいいと思います。
DIN8aプラグでストレート配線(同じピン番号同士をつなぐ)です
ピン番号記載の写真も用意しました。
DIN8aケーブル02   DIN8aケーブル03  
DIN8ピンオス        DIN8ピンオス
      1 --------------- 1
      2 --------------- 2
      3 --------------- 3
      4 --------------- 4
      5 --------------- 5
      6 --------------- 6
      7 --------------- 7
      8 --------------- 8

FPGAを動作させるためのACアダプタ(5vでセンタープラスの物) 参考:
秋月電子 ACアダプタ
怪しいCycloneIIボードは
AmazonAliexpressなどで購入できます。
※2017.11.26更新
Amazonで販売している価格帯の安い物は動作不良もあるようですので避けた方がいいかもしれません。

基板には2種類あるようで、えすびさんのサイトでも1版、2版用の2種類用意されています。
どのタイプかはどちらかを書き込んで動作する方を選んでください。
FPGAを書き込むためにはUSBブラスターなどが必要です。
書き込み方法やUSBブラスターの入手先などはこちら → 
P6つくろうブログ FPGAボードへの書き込み方法

1版表   1版裏 1版基板     2版表   2版裏 2版基板 

1版と2版の違いはR13,C14が逆になってる以外に1版ではR1,R2,R9,R10が0Ωでショートされている。
1版のをお持ちの方は R1,R2,R9,R10 のチップ抵抗を必ず取り外してください。
P6つくろうブログ RGBコンバータ(13)


■チップ抵抗の取り外し方
はんだをたっぷりチップ抵抗に盛りハンダこてで暖めてずらせば簡単にとれます。
外したチップ抵抗はいらないので処分でOkです
チップ03  チップ04  チップ05  チップ01  チップ02


※写真は怪しいCycloneIIボード 2版

P6RGBcon_01.jpg 
書き込んだ後ACアダプタをつないで写真の状態にし、FPGAボードの電源LEDとD4が点灯してSWを何回か押しているとD2が点灯・消灯すれば問題ないです。
どちらか判明したら1版なのか2版なのか分かるようにしておきましょう。

次にサブ基板をつないで動作チェック。
※サブ基板をずらして挿してしまわないように注意!
P6RGBcon_03.jpg   P6RGBcon_02.jpg 

P6RGBcon_09.jpg 
P6とFPGAをDIN8ピンケーブルでつないで電源をいれます。
正常に動作していればFPGAの電源LEDが点灯、D4はmk2SR/66SRだと点灯、mk2/66は消灯しているはずです。
しばらくするとD5(データ同期時に点灯)も点灯します。
SWを何回か押しているとD2が点灯、消灯すればFPGAとP6は正常につながっていることになります。
ここで正常に動作していなければ、自作したDIN8ケーブルに問題があるかと思います。

あとは液晶TVや液晶モニターにつないで表示されるかチェックしてください。
640x480用と1280x1024用の2種類のファイルが用意されているので両方試してください。

2017.06.06 にリリースされた新バージョンは、ほぼすべての液晶モニターに対応出来ているようです。
手持ちの液晶モニターではすべて大丈夫でした。

こんな感じで滲みも表現されています。
P6RGBcon_10.jpg 

ACR WEB ブログランキング参加してます

データレコーダーエミュレータを作ってみた 

ちょっと古い記事になりますが前からとても気になっていた、kitahei88さんのサイトで公開されているデータレコーダーのエミュレータを作ってみました。
データレコーダーのエミュレータを作ってみた (その7)

※2017.06.03更新

その7から修正された新ファーム対応のデータレコーダーエミュレータが公開されました
データレコーダーのエミュレータを作ってみた (その8)

datarec_05.jpg   datarec_04.jpg   datarec_07.jpg   datarec_08.jpg   datarec_09.jpg 
久しぶりに部品を集めてユニバーサル基板で作成。
まだ改良したい部分があるとの事ですが、このハードは録音は出来ず再生専用でもある為に別ハードで作成する案があるそうです。とりあえず再生&ファイル選択さえ出来れば、私的の利用には十分!!

datarec_20.jpg 
ということで部品を集めて完成。
拡張子がP6のテープイメージファイルをTINY野郎さんが公開されている 
なんでもピーガー を利用してWAV化。
変換時の設定は…
通信速度:1200ボー サンプリングレート:48000Hz
でWAVファイルを作成しSDカードに保存。
テストではTINY野郎さんが作成されたデモなどをWAV化してP6で再生してみました。

datarec_16.jpg   datarec_17.jpg   datarec_14.jpg   datarec_10.jpg 



PC-6601SRでのテストを行いましたが問題なく動作しました。
ですが…PC-6001mk2やPC-6601では読み込みすら出来ず…
音量を弄ったり、WAV変換時に色々といじってみましたが読み込みできず…


※2017.05.30更新
作成したWAVファイルを位相反転させれば読み込めるかもとのことで、PC-6001mk2やPC-6601で試してみたところ問題なく読み込めました。
位相反転したWAVファイルもSRで読み込みが出来たので、色々と不明な部分は多いですが…無事読み込めたと言うことで(^-^;;
フォルダ選択や細かな修正を加えた改良版を公開されると言うことなので楽しみです。

※2017.06.03更新
新ファームと回路図が公開されましたので、部品追加と新ファームで動作確認しました。
フォルダ選択が実装されて、さらに使いやすくなりました感謝です!
datarec_06.jpg   datarec_07_20170603012124b8e.jpg   datarec_08_20170603012121820.jpg  

ACR WEB ブログランキング参加してます

ATARI-PCE PAD変換基板 

某雑誌に掲載の回路を元にちょいと回路を弄って作ってみました。
ATARI仕様のコントローラーをPCエンジン(PCE)コントローラーに変換します。
ATARI-PCE_01.jpg 

PCEで使用するSELECTとRUNボタンは基板上にあります。
PCEとつなぐコントローラーのコードはPCEのコントローラーを分解して取り外して使用してください。
おそらくほとんどのコントローラーはコネクタタイプですので抜き挿し可能です。
ATARI-PCE_02.jpg   ATARI-PCE_03.jpg   ATARI-PCE_04.jpg

特に使い方等はないので説明なしに普通に利用できるかと思います。
アナログコントローラー(カブトガニ等)が動くのかどうかは持っていないのでわかりませんが…
試作基板で実際に試していただいたときは対応ソフトが動いていたようです。
もし動けば「やったーうごいたー」っという事で(^-^;;
こちらでは写真のJOY CARDでの動作確認しかしてませんので…
〇〇のコントローラーは動きますか?等は申し訳ないですがわかりません。
通常のATARI仕様のコントローラーであれば問題なく動作するかと思います。

基板は数枚しかないので無くなり次第終了となります。

2017.05.16 頒布は終了しました。
ACR WEB ブログランキング参加してます

互換機GAME AXEの代替え基板を作ってみた 

※記事は引き続き修正&作成中…急いで作成したので説明不足があるかもしれませんm(_ _)m

GAME AXEはFC互換機で当時(今でも?)では一番の互換性で有名?でした。
そこで液晶も映りが悪いし、どうせなら互換性120%にしてやろうとAXE基板を作成してみました。
GAMEAXEPCB_01.jpg 

分解してみると、コントローラー基板・メイン基板・液晶周辺基板と綺麗に分かれていました。
GAMEAXEPCB_28.jpg   GAMEAXEPCB_29.jpg   GAMEAXEPCB_31.jpg   GAMEAXEPCB_30.jpg   GAMEAXEPCB_27.jpg 

ACR WEB ブログランキング参加してます

FCカセット用 スイッチ取付基板 

フラッシュカートリッジや自作カートリッジを作っているときに困っていたのがスイッチの固定。
通常のカセットには上部に穴があり、ここにスイッチを取り付けていましたが…

もっと簡単に固定&取付できないかと考えたのが今回の基板です。
fc-sw04.jpg 

基板は両面使えるので、カセットの左右どちらでも(両方でも)取り付け可能です。
※いわゆる普通のカセット以外は取り付けできないのでご注意を…
fc-sw06.jpg   fc-sw05.jpg 

スライドスイッチのおすすめは共立にある
SS-12SDH2 です。
2.54mmピッチなので他にも取り付け可能なスイッチはあるかとは思います。

Nin1、ミラーリング(H/V)、ROM/RAMの切り替え等に利用できます。
■参考記事
MMC3フラッシュカートリッジ CHR-ROM&RAM両対応
ファミコン フラッシュカートリッジ専用 TSOP-DIP変換アダプタ 【CHR-RAM対応】
UxROM【MAP#02】フラッシュカートリッジ作成

固定は基板をさし込むだけでもほぼOKですが、ホットボンド等で固定していた方がいいでしょう。
通常は横に配線をして切り替えに利用。
fc-sw01.jpg   fc-sw03.jpg 

切り替え時にプルアップ、プルダウンさせたい場合(CHR-ROM/CHR-RAMの切替など)は、スイッチ基板にチップ抵抗[2012:0805]を取り付けて、下にVCCやGNDを配線することも出来ます。
fc-sw07.jpg 

■家電のケンちゃんにて委託販売も行っていますのでよろしくお願いします。
家電のケンちゃん


ACR WEB ブログランキング参加してます

FC フラッシュカートリッジ専用 TSOP-DIP変換アダプタ MMC5版 

別バージョンのTSOP-DIP変換基板 → ファミコン フラッシュカートリッジ専用 TSOP-DIP変換アダプタ 

ピンアサインが違うためMMC5には対応していませんでしたが、今回はMMC5版を作成しました。
SNESのカセットのピンアサインにも対応しているので、SFCのカセットも作成できるかと思います(未検証)
FC_TSOPDIP_MMC5_04.jpg 
秋月で販売されている 
MX29F040TC 等を使って、フラッシュカートリッジを作成しやすくする為に極力配線をしないでいいように作成したMMC5用のTSOP-DIP変換アダプタです。
対応FlashROMは4Mbit MX29F040TC , 8Mbit AM29F080等 , 16Mbit AM29F016等 , 32Mbit MBM29F033等です
MMC5はPRG , CHR とも最大8Mbitまで対応していますので、最大で 4in1カセットが作成可能です。
FC_TSOPDIP_MMC5_06.jpg   FC_TSOPDIP_MMC5_08.jpg   FC_TSOPDIP_MMC5_07.jpg 
基板は40pin対応ですが 48pinの29F016等も利用可能です(両端の8pinは未使用なため)
※MMC5で使用する場合はSNES用拡張部分は不要なので、PカッターやPCBカッターなどでカットしてください。

FC_TSOPDIP_MMC5_13.jpg
 
■家電のケンちゃんにて委託販売も行っていますのでよろしくお願いします
家電のケンちゃん

■MASKROMピンアサイン表(MMC5ピンアサイン参照)
MASKROM-PIN.png 

■基板の説明
C1 : 0.1uFのチップコンデンサを取り付けますが無くても大丈夫かも(パスコン)
/WE : エッジコネクタの 14pin(CPU R/W)又は47pin(PPU R/W)に配線
A20 : 16Mbit以上のFlashROMを使用する場合のA20のスイッチ配線箇所(ROMの切り替え 2in1や4in1 等に使用)
※スイッチ等を取り付けないで 8Mbitとして利用する場合はA20■-■でジャンパする
A21 : 32MbitのFlashRomを使用する場合のA21のスイッチ配線箇所(ROMの切り替え 4in1 等に使用)
※スイッチ等を取り付けないで 8Mbitとして利用する場合はA21■-■でジャンパする
FC_TSOPDIP_MMC5_05.jpg   FC_TSOPDIP_MMC5_03.jpg 

MMC5の作成は簡単で配線は2カ所のみ。ピンヘッダは細ピンヘッダ
をおすすめします。
特にNin1とかにしないのであれば16MbitであればA20をジャンパ、32MbitであればA20,A21をジャンパでショートします。
あとはPRG側の/WEは
エッジコネクタの14pin(CPU R/W)、CHR側の/WEは47pin(PPU R/W)に配線すれば完成です。
FC_TSOPDIP_MMC5_12.jpg   FC_TSOPDIP_MMC5_11.jpg   FC_TSOPDIP_MMC5_14.jpg   FC_TSOPDIP_MMC5_15.jpg 

kazzoで書き込みを行いうまく書き込みできれば完成。
※注意
標準の mmc5.af ではコマンドアドレス幅 A0-A14 のデバイス対応になっていると思うので、CHR側がうまく書き込めない場合は mmc5.af のコメントアウトされている部分(A0-A10デバイス対応箇所)を有効にしてください(137~155行)
こちらの説明も参照 → 
device_flashmemory
コマンドアドレス幅 A0-A10 デバイス対応のMMC5スクリプトを置いておきます(txtをafに変更) →
mmc5_A0-10.af

flashdevice.nut にデバイス追加も必要です。
主要なデバイスは下の【続きを読む】に記載してるので追加しておきましょう。


W-RAM-0を256KbitのSRAMへ変更すれば、MMC5すべてのゲームが書き込み対応可能となります。

MMC5のフラッシュカートリッジを作成するならETROM-xxの基板を使いましょう。
W-RAM-0へ256kbitのSRAMを取り付ける記事 →
MMC5 フラッシュカートリッジ作成
FC_TSOPDIP_MMC5_02.jpg  


ACR WEB ブログランキング参加してます












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。