2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07












ファミコンのPPU 

部品取りの為、ファミコンのジャンクを探しては購入していました。

s-rom19-05.jpg ファミコンのPPUです

上からファミコン前期、ファミコン後期、NEWファミコンについているPPUで、ファミコンのPPUは主に画面表示を担当する部分ですね。

ファミコンのRGB出力化などで、当時発売されていたファミコンタイトラー「編集ファミコン」のPPUと交換をして

RGB出力対応させる改造とかが可能でした。

ファミコンをビデオ出力に改造した際に、画面に縦じまが目立ちますがPPUを交換してもこれは解消されないので、回路自体に問題があるんでしょうね。

こういった縦じまを消すキットも発売されてますが、もっと簡単に縦じまを解消する方法ってないでしょうかね??

ttp://www.tea4two.jp/product_info.php/products_id/99/

 

s-rom19-04.jpg  こんな感じで一部がバグってしまう…

 

ファミコンでゲームをしていると、キャラクタの一部がバグってしまうということがあると思いますが

この場合カセットの端子クリーニングや「ふーふー」でも直らないときは、本体の故障が考えられます。

PPUが原因の場合もある様ですが、本体内にあるSRAMの交換で直る場合があるようなので

最近調子の悪いファミコンのSRAMをジャンクから外した物と交換してみました。

ばっちり、不具合は解消されました(^-^

 

s-rom19-02.jpg    s-rom19-03.jpg  ファミコン内のSRAMです

 今回は左側のSRAMを交換しました。

関連記事
ACR WEB ブログランキング参加してます

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakutendo.blog87.fc2.com/tb.php/71-3136379a