2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06












Namcot106【マッパー19】作成中 

ナムコの後期カセットは大量生産用の黒ポッチROMでどうしようかと思案…

通常のROM型も存在するようですが、入手が困難なのでなんとかしたい…

s-nam04.jpg    s-nam03.jpg   写真は「じゅうべえくえすと

 

基板をじっくり眺めながら、パターンを追いつつ予測も含めて信号を調べました(^-^

ネットで検索しても調べる手段がほとんど無いので、かなり時間がかかりました…

 

s-nam05.jpg    s-nam06.jpg 参考にされる方はどうぞ。(削ろうとした跡が…)

 

PRG-ROM側はフラッシュROMを配線して、実機で確認済みですがCHR-ROMはまだですので、まだ予想です…

おそらく大丈夫でしょうけど(^-^;;

 

他のカセットではパターンも変わるので、これが適用できるのは「じゅうべえくえすと」のみです。

ですが、ピン配置(順番)はおそらく変わらないと思うので色々と調べてみてください。

 

じゅうべえくえすと」は、PRG:256K+CHR:256Kの容量ですがPRG側に512KROMの配線がありましたので

ここに接続すれば512K(4Mbit)のROMに対応できます。

※namcot106(#19)の事を色々と調べてみると、最大容量はどうも256K(2Mbit)の様ですが…

ファミリーサーキット’91ってPRGが512K(4Mbit)だけど…どうなんだ??わからない…

とりあえず配線をして、ファミリーサーキット’91のデータを書き込んだけれどちゃんと動いたし…

配線は合っている言うことか(-ω- ?)

 

◆追記

CHR-ROM側のピン配置に間違いがありましたので訂正しました。( /OE を追加 )

関連記事
ACR WEB ブログランキング参加してます

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakutendo.blog87.fc2.com/tb.php/68-cd90b05f