2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07












フラッシュROMカセットの回路図 

 フラッシュROMカセットの回路図?配線図?を作成してみましたので参考にされる方はどうぞ…

はじめて回路図を作成したので、見にくくてすみません(^-^;;

◆追記:回路図を若干訂正しましたので、こちらの記事を参考にしてください。

フラッシュROMカセットの回路図 【訂正】

s-FlashROM-512K.jpg    s-flrom001.jpg s-flrom002.jpg

 

フラッシュROMには、512Kbyte(4Mbit)を使用していますが、この容量以下のデータを書き込む場合は

PRG-ROMのみ切替が必要なので、容量によって使用しない信号をGNDへジャンパピン又はスイッチで

切り替えてやる必要があります。

CHR-ROMの場合は切替が必要ありません、そのままデータを書き込んでも大丈夫でした。

 

マッパー4(MMC3)対応ですが、同じ信号同士を配線すればどのマッパーにも応用が可能です。

マッパー5(MMC5)に対応させる場合はピンアサインが違うので、若干の配線変更が必要です…

 

◆追記

最近プルダウンという言葉は知っていたのですが、使い方がわからず…実際に使用してみました(^-^;;;

4Pディップスイッチと10Kオームの集合抵抗を使用してます。

4Pディップスイッチで、切り替える仕様ですがこっちの方がスッキリしますね。

PRGのジャンパピンの部分をこれに変更して下さい。

しかし、プルダウンってこういう使い方であってるのか??

s-FlashROM-SW.jpg   s-DIPSW.jpg

関連記事
ACR WEB ブログランキング参加してます

ほんと、ばくてん様はスゴイ。 ますます進化していきますね。

私も負けず「製作」していきます。

回路図もUPしていただけて最高なのですが、
基本のない私(初心者)にとっては、
回路図もろくに読めず、またハードルが上がりました。

早く上達したいです。

[ 2008/11/28 00:01 ] [ 編集 ]

>初心者さん

私も結構いい加減に作っているところもあるので
実際大丈夫なのかは不明ですよ(^-^;;

あんまり信用してはいけませんΨ(`∀´)Ψ
[ 2008/11/28 00:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakutendo.blog87.fc2.com/tb.php/65-40222eec