2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11












FLASH ROM & UV-EPROM 

以前からFLASH ROMのピンアサインとUV-EPROMのピンアサインが同じなので、使えるのでは?と思い注文していたFLASH ROMが届いたので取り付けてみました(^-^

EPROMの1ピンはVCCへつながっていますが、FLASH ROMの1ピンは未接続(NC)で内部的にはつながっていないので大丈夫だと思います(^^;;

 

s-FROM01.jpg  s-FROM02.jpg 

今回使用したのはAMDの29F010(1Mbit)です。

リンク先のシステムギアダイレクトで購入しましたが、DIPタイプのFLASH ROMは今では入手が困難の様ですね…

 

UV-EPROMは紫外線で消去し時間がかかりますが、FLASH ROMは電気的に消去・書き込みを行うので、頻繁にデータを書き換える場合はとても楽です。

私の所有しているROMライタはFLASH ROMも対応しているので、早速書き込んでみます…

ピンアサインも同じなので、そのままICソケットに差してしまいます。

 

s-te01.jpg  s-te02.jpg

とりあえず問題なく実機でゲームはできたのですが、写真の赤丸の様な、ノイズというかちらつきが酷いときは画面全体にでてきます。(どのゲームも出てきます)

データが壊れているのかと、吸い出し機で吸い出してみましたが、データに問題はありませんでした…

回路上の問題なのか?もしかして、これも葵さんのコメントにあったように電圧不足?なのでしょうか??

 

あとUV-EPROMとFLASH ROMって何回ぐらい消去&書き込みができるんでしょうね?

ネットでみるとUV-EPROMは10~20回とか書かれていたり、FLASH ROMは少なくて100~300回、多くて数万回と書かれていました。

このちらつきがなんとかなれば、使い勝手を考えるとFLASH ROMの方が全然良いんですけどね~


◆追記

RGB化したNEWファミコンで試してみました。

ちらつきはやはり出てますが、ほとんど分からない状態でした。

確認したわけではありませんが、29F010ではなくEEPROMの28C010でも使用できると思います。

 

関連記事
ACR WEB ブログランキング参加してます

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakutendo.blog87.fc2.com/tb.php/43-3c3e07ea