2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09












RAMアダプタ改造基板 【バッ活 PART11】 

かなり古い記事ですがバッ活パート11掲載「ROMゲームをディスクシステムで実行」の基板を作ってみました。
RAMKai_14.jpg   RAMKai_15.jpg 
書籍を持っていない方も今は電子書籍で楽しめます。
バックアップ活用テクニック 三才ブックス | 三才ブックス《電子出版》

当時は作ってみたいとは思っていたのですが、作成するにはかなりハードルが高く…PC-6601SR用のハードを作らないといけなかったり…今ではFDSイメージ作成もPCでできますし基板作成も手軽に出来る時代(^-^
ということで記事内では回路は外付けですが、表面実装部品と部品配置を駆使してRAMアダプタ内に内蔵できるようにしてみました。

これで見た目は普通のRAMアダプタですが…MAP#00とMAP#03のカセットがディスクで動かせます!!
※MAP#03で32k+16Kのゲームは動作しませんでした(原因は不明)
MAP#03で32k+16kのゲームは3本
アルカノイド
ファミリーシンセ いきなりミュージシャン
ピーパータイム
しかないから、とりあえず動かなくてもいいかなと(^-^;;
RAMKai_13.jpg 
初回の頒布は終了しました。とりあえず2次募集もする予定なのでご希望の方はしばらくお待ち下さい。

※頒布内容
RAMアダプタ改造基板 x 1
FDSイメージ作成ファイル一式 x 1

RAMKai_05.jpg   RAMKai_27.jpg   RAMKai_28.jpg   

この他にも…
ディスクシステムRAMアダプタ(DRAM 4個バージョン) x 1 
DIP SRAM 256kbit x 1
バックアップ活用テクニック PART11(または電子書籍)

が必要となります。

記事内ではRAMアダプタはDRAM1個バージョンでも動作は可能と書かれていましたが、実際は動作しませんでした。
原因は不明ですが、記事内ではDRAM4個バージョンで作成しているのでもしかすると動作確認はしていないのかもしれません。
RAMアダプタ改造基板の74シリーズはすべて74Fxxで実装しています。
74F139以外は74HCxxでも大丈夫なのかもしれませんが…機会があれば実験してみます。
RAMKai_09.jpg 

記事の内容を見ながら作業していきます。
まずはRAMアダプタ内のSRAMを交換します、取り外して256bitのSRAMを取り付けて下さい
SRAMの1、26、27ピンを横に曲げてそれ以外のピンはハンダ付けします。
RAMKai_26.jpg   RAMKai_24.jpg   RAMKai_25.jpg   RAMKai_10.jpg        

パターンカットはバッ活 記事内の図に示すとおり3カ所(a,b,c)です、しっかりと切断しておいて下さい。

RAMアダプタカット_a    RAMアダプタカット_b   RAMアダプタカット_c  ※カット画像は提供していただきました。

RAMアダプタ改造基板と取り付けるために不要なピンを切断します。
改造基板を合わせながら、邪魔なピンを切断していきましょう。
DRAMのピンは記事記載のDRAM(MB81416)の4ピン(PRG R/W')と16ピン(PRG CAS1')以外は切断しても大丈夫です。
このピンは改造基板とハンダ付けすることになります。
RP2C33は1ピンと59ピンが改造基板とハンダ付けしますので、基板周辺だけ邪魔なピンをカットします。
くれぐれも必要なピンまで切断しないようにして下さい。

RAMKai_04.jpg   RAMKai_17.jpg   RAMKai_16.jpg   RAMKai_18.jpg 

準備が出来たらハンダメッキがされている穴が開いた部分をすべてハンダ付けします。
これで配線を使用せず、必要な信号線をRAMアダプタから取ることが出来ます。
通常より多めにハンダを流し込む感じになります。
取り付けて横に曲げたSRAMの1、26、27ピンから改造基板のJ1(A13,A14,WE)に配線でそれぞれハンダ付けします。
最後に付属の電解コンデンサを穴にはめてハンダ付けすれば完成です。
RAMKai_12.jpg   RAMKai_21.jpg  
関連記事
ACR WEB ブログランキング参加してます

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakutendo.blog87.fc2.com/tb.php/316-ca092bee