2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07












ハックロムとEPROMカセット 

EPROMがようやく届いたので、実機で遊ぶためにハックロムカセットを作成しました。

 

ハックロムのパッチによってはマッパーも変更になる場合があるので、遊びたいハックロムのマッパーに合ったカセットを選んでください。

また使用するカセットを選ぶときは、一部のゲームは容量が違うので注意が必要です。

マッパー0は、PRG-ROMが16KBのカセットがかなり多いですし、マッパー3は、「アルカノイド」、「いきなりミュージシャン」「ファミリートレーナー ジョギングレース」「ピーパータイム」の4本は使用しない方が良いです(CHR-ROMが16KBや128KBの為)

購入するときは、パソファミのサイトの「ゲーム全タイトル一覧」でファミコンのリストをダウンロードして確認してください。

今回はマッパー0のハイドライドスペシャルと、マッパー3のスターソルジャーを使います。

 

s-EPROM01.jpg s-EPROM03.jpg    これはマッパー0の基板

s-EPROM07.jpg   これはマッパー3の基板

カセットをバラして中の基板を出し、PRG ROMとCHR ROMをはずします。

はずしたら28ピンのICソケットを2個ハンダづけ…

吸い出し機を持っていなくても、ROMライタがあればはずしたROMを吸い出す事ができます。

この前吸い出したスーパーマリオやグラディウスにハックロムのパッチをあてます。

(ハックロムやパッチの方法は、検索すれば沢山サイトがありますので探してみてください)

 

s-hed.jpg 反転した部分がヘッダです

NES形式なので、バイナリエディタなどでPRGとCHRのデータに分割します。

(NES形式は先頭に16Byteのヘッダがありますので、これは削除してください)

 

s-EPROM04.jpg  

ROMライタでPRGとCHRに分割したデータをEPROMに書き込みます。

私の使用しているのは秋月電子で昔購入した「LEAPER-3C」です。

単体でも使用可能ですが、USB接続でWindowsのソフトで制御します。

書き込みは数秒で終了しますのでとても簡単です( ^∇^)

 

秋月電子で購入したEPROMは「27C256」で32KB(256Kbit)ですが、マッパー0のカセットは

PRG(32KB) とCHR(8KB)なので、CHRのEPROMだけ配線を変更する必要があります。

しばらく27C256のデータシートと睨めっこ…( ̄ヘ ̄)ウーン

使用しない信号は、A13とA14なのでこれを「GNDにつなげばいいよ」的な事を、とあるサイトで発見∑( ̄□ ̄;)ナント!!

 

※マッパー3はPRG(32KB) CHR(32KB)なので加工なしで、そのままでOKです。

s-EPROM07.jpg s-EPROM02.jpg    マッパー0のCHR-ROMだけ加工します

マッパー0は書き込んだEPROMをそのままつけてもバグってしまうので、CHR-ROMのデータを書き込んだ後にEPROMの27ピンを折り曲げてGNDにつなぎます。

(画像は26ピン(GNDにつながってる)につないでいます)

 

外したROMをもう使用しないのであれば、基板を直接加工してもOKです。

(27ピンがVCCにつながっているのでパターンカットして、GNDにつないでください)

これで32KBのEPROMに8KBだけデータを書き込んでも正常に表示されます。

EPROMに再び書き込むときはピンをちゃんと元に戻してください。

8KB(64Kbit)のEPROMが手に入るのであれば、加工なしでいけると思います。

 

※スーパーマリオのCHR-ROMは8KBですが、このデータをバイナリエディタで4つコピーして32KBのデータを作成し、EPROMに書き込んでマッパー3の基板に取り付けても遊ぶことは出来ました。

 

マッパー3の場合は、基板にあるダイオードを外してしまわないと、正常に表示されなかったので外して下さい(理由はわからないです…申し訳ない…)

 

s-EPROM05.jpg s-EPROM08.jpg s-EPROM06.jpg

基板のままファミコンに差し込むので、前後を間違えないようにします。

間違えるとカセットやファミコンが壊れる可能性がありますよ!

きれいな画面で遊びたかったので、RGB化したNEWファミコンで思う存分ハックロムを堪能しましたヽ(´∇`)ノ

 

今回は試作段階なので基板剥き出しですが、カセットに納めてきれいに作成する予定です。

1MbitのEPROMが入手できたらマッパー4もやってみたいと思います。

 

----------------------------------------------------------------------

s-EPROM09.jpg   EPROMイレイサー LER-121A

UV-EPROMはデータを消すのにEPROMイレイサーで20分ぐらいかかって削除して、書き込まなければならないので結構面倒ですね。

イレイサーが無くても紫外線を当てれば消すことが出来ます。

関連記事
ACR WEB ブログランキング参加してます

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakutendo.blog87.fc2.com/tb.php/31-5c7c29d9