2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 03












TENGEN#64 フラッシュカートリッジ基板 作成 

2013年に紹介されていたNES未発売の「ハード・ドライビン」 
開発者がNESイメージを公開していて、実機でも動作可能と言うことで以前カートリッジを作成しました。
以前の記事はこちら → 
NES未発売「ハード・ドライビン」
NES_HD06.jpg   NES_HD04.jpg   NES_HD05.jpg 

今回はファミコンカセットに内蔵させるため、RAMBO-1基板の配線を追って回路図を作成。
基板発注しました(頒布品はこの基板のみとなります)
NES_HD21.jpg 写真は2次頒布版です

まずは部品を取り外す前に吸い出しもしておきましょう。
Kazzo用の吸い出しスクリプトは上記の以前の記事にあります。
NES_HD10.jpg   NES_HD12.jpg   NES_MAP64.jpg 

次にマッパーコントローラのRAMBO-1チップ(仮称)を取り外します。
犠牲にするカセットはMAP#64であれば何でもOKです → 
NesCartDB Mapper#64
NES_HD11.jpg

秋月で販売されている 
MX29F040TC-70 を準備
あとはTENGEN#64 フラッシュカートリッジ基板にRAMBO-1チップとFlashRomをハンダ付けすればOK。
0.1uFのセラミックコンデンサや100uFの電解コンデンサは無くてもとりあえず動作はします。
※MX29F040の向きに注意、右下の〇が1ピンです
写真はテストのためICソケットを使用してますが、カセットに内蔵するなら直付けしてください。
NES_HD13.jpg   NES_HD14.jpg   NES_HD17.jpg 
左上のスイッチは2in1用の切替スイッチですが、使用しないなら中央のピンからどちらかにジャンパしてください。
FlashRomは4Mbitなので2M+2Mで2本のゲームを書き込めば2in1カセットとなります。

※この説明は初版の説明になります。
74LS32は取付不要。JP1はPPU CE側にジャンパ
※実基板上で74LS32は PPU/RD と PPU A13 のORをとってCHRROM(MASK-ROM)の /CE につながっていますが、FlashROMではPPU A13をそのままつないでいます。

※2次頒布版説明
今回はおまけとして左上には2in1に切り替えるための回路を実装しました。
74HC393とリセットICを利用し、電源をすばやく入切りするとゲームが切り替わります。
※74HC393とリセットIC(MCP100-475HI/TO)は別途入手をお願いします。
回路を使用しない場合は、スライドスイッチだけ取り付けてください。スイッチで2in1切り替え可能です。
FCカセット用 スイッチ取付基板も使用できます。

※2次頒布版の完成写真です
NES_HD22.jpg   NES_HD23.jpg 

ハードが完成したら、KazzoとTENGEN MAP#64用のスクリプトを使用してROMイメージを書き込み。
MX29F040TC をkazzoで設定していない場合は、下記の内容を flashdevice.nut に追加してください。
MX29F040TC_2 は 2つ目のROMイメージを書き込む場合に使用します。

---ここから
["MX29F040TC"] = {
capacity = 4 * mega, pagesize = 1,
erase_wait = 8000, erase_require = true,
retry = false,
id_manufacurer = 0xc2, id_device = 0xa4,
command_mask = MASK_A10
},
["MX29F040TC_2"] = {
capacity = 4 * mega, pagesize = 1,
erase_wait = 8000, erase_require = false,
retry = false,
id_manufacurer = 0xc2, id_device = 0xa4,
command_mask = MASK_A10
},
---ここまで

実機で動作確認して問題なければOK!
NES_HD16.jpg   NES_HD20.jpg 

基板のみですが在庫限りで頒布していますのでこちらから → 基板頒布のお知らせ



NES_HD15.jpg 


関連記事
ACR WEB ブログランキング参加してます

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakutendo.blog87.fc2.com/tb.php/304-e86df4b1