2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 03












PC-6001シリーズ用 戦士のカートリッジ基板 

戦士のカートリッジの仕様は頒布版のベルーガカートリッジと同じですが、今回TSOPソケットを使用可能にして利用できる容量を2Mbit~4Mbitから2Mbit~32Mbitまで増やしました。
P6-senshi01.jpg 

頒布版の戦士のカートリッジはTSOPソケットは取り付けていませんので、別途入手してください。
型式:OTS-40-0.5-01
必ず同型式のTSOPソケットを入手してください。(3,000~4,000円ぐらいです)
別の型式だと取り付けできない可能性もあります。

PLCCソケットは2Mbitまたは4MbitのFlashROMが使用可能です。
※秋月の
EN29F002Tや29F040Bで動作確認済み
TSOPソケットは40ピン対応で8Mbitまたは32MbitのFlashROMが使用可能です。
※AM29F080やMBM29F033Cで動作確認済み

FlashROMの書き込みにはROMライタや対応ソケットが必要になります
ROMライタ(Flashromに書き込むため)
ROMライタ用のPLCC-DIPアダプタ
aitendo ソケット変換アダプタ http://www.aitendo.com/product/646
TL866CS用TSOP変換アダプタ ebayなど…

左下のスイッチ(ROM SELECT)はPLCCかTSOPのFlashROMのどちらを使用するか選択します。

DIPスイッチはPLCCやTSOPのFlashROMのバンク切り替えに使用します。
※注意
標準で付属している2MbitのPLCCを使用する場合はDIPSWの「2」を必ずONにしておいてください。
PLCC 2Mbitであれば、DIPSW 1 のON/OFFでゲームを2種類切替
TSOP 8Mbitであれば、DIPSW 1~3 をON/OFFでゲームを8種類切替

戦士のカートリッジは1Mbit対応なので例えば…
4Mbitであれば4つのゲーム、32Mbitであれば32のゲームが切り替えられます。

TINY野郎さんが公開されている「
なんでもメガROM」を使えば、テープゲームなど更に多くのゲームが書き込めます。
ブログ記事:PC-6001 「なんでもメガROM」 を使ってみる

今回アクリルは台座のみ頒布しています。
上部アクリルは
リップルレーザーさんのサイトかTwitter等で「ばくてん製の戦士のカートリッジの上部アクリル」と依頼して頂ければ、PLCC・TSOPソケットとDIPスイッチ部分のカット済みで発注可能です。
※頒布内容
台座アクリル x 1 (タップ加工済)
ネジ(短) x 4 (台座アクリル取付用)
ネジ(長) x 4 (上部アクリル取付用)
スペーサー(短) x 4 (台座アクリル用)
スペーサー(長) x 4 (上部アクリル用)

頒布ご希望の方はこちらから基板頒布のお知らせ
※頒布は終了しました
関連記事
ACR WEB ブログランキング参加してます

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakutendo.blog87.fc2.com/tb.php/302-065a22a8