2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07












PC-6001 「なんでもメガROM」 を使ってみる 

TINY野郎さんが公開されている 「なんでもメガROM」 で、とりあえずROM化して実機で動いたよーっていうテープ版ゲームをまとめてみました。
■ツールがアップデートされたので、記事の内容も訂正しました(2016.08.07更新)
「なんでもメガROM」(PC-6001用テープイメージを戦士のカートリッジで動かすツール)
beruga_4Mrom.jpg 
※最後まで確認していないのがほとんどなので途中で止まるかも…
報告をいただければこのリストに追加していきます。( 2016.08.15 更新 )
タイニーゼビウス
SPACE INVADERS
ウルトラ四人麻雀
雷太のグローインアップ
頭脳4989
幻魔大戦
レッドゾーン
EGGY
ミステリーハウスI
ミステリーハウスII
マグネチックフィールド
ナナちゃんの禁じられた遊び
トリックボーイ
スターデストロイヤー
ポートピア連続殺人事件
3Dアステロイドファイヤー
ブレイクスルー
アースバウンド
エフォームン
オリオン

西田さんが作成されたベルーガカートリッジ(戦士のカートリッジ)に対応していて、一部のゲームのみですがテープ版のゲームをカセットポンのカートリッジ化することが可能です。
BELUGA Cartridge for PC-6001 / 6601 series

前に頒布したベルーガカートリッジのFlashROM(PLCC)に、ROM化したデータをROMライタで書き込めば実機ですぐに遊ぶことが出来ます。


頒布版は2MbitのFlashROMですが、4Mbitも使用できます。
FlashROMにデータを書き込む場合は、1Mbit単位となりますので、ROM化されたバイナリデータの容量を1Mbit(128kB)に統一します。
バイナリエディタなどで 00000~1FFFF までのバイナリを予め作成しておいて、ROM化したバイナリデータをこのファイルへ上書き保存すればOKです。
rom1m.jpg 
または例のようにバッチファイルを作成してもいいかも…
例:
バイナリデータ(00000~1FFFF)を Base1M.rom として作成
下記のようなバッチファイルを作成して、変換したいROMデータをドラック&ドロップ
bincutは
下記のApolloさんのサイトからソフトをダウンロードします。
Apollo's XM7お手伝いぺ~じ
バイナリファイルの必要な部分だけを切り出すツール BINCUT

copy /b %1+Base1M.ROM %~n1.1M
bincut %~n1.1M %~n1_1M.bin  0 1ffff
del %~n1.1M

次に1Mbit(128kB)に容量を統一したゲームイメージをFlashROMの容量に合わせてバイナリデータを結合します。
例えば下記のようなバッチファイルを作成して、バイナリイメージをまとめてバッチファイルにドラック&ドロップ。
2Mbitの場合は2本のゲーム、4Mbitであれば4本のゲームを書き込むことが出来ます。

例:2Mbitだったら…
copy /b %1+%2 2Mrom.bin

例:4Mbitだったら…
copy /b %1+%2+%3+%4 4Mrom.bin

作成した 2Mrom.bin や 4Mrom.bin をROMライタでFlashROM(PLCC)に書き込む。
あとは基板上のA18,A17のスイッチでゲームを切り替えて本体リセットを押せばゲームが変更できます。
beruga_sw01.jpg 




関連記事
ACR WEB ブログランキング参加してます

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakutendo.blog87.fc2.com/tb.php/301-699bf8d8