2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09












RGBPPU(RC2C05-xx & RC2C03)対応アンプ内蔵基板 

過去にユニバーサル基板で作成した RGBPPU RC2C05-0x 対応 の基板をアンプ内蔵で作成しました。
RGBPPUPCB_04.jpg  

NEWファミコン専用となりますのでご注意ください(この基板を使用するとRGB出力専用になります)

今ではNESRGBもあるので、需要はほとんど無いかと思いますが…
余ってるRGBPPUを活用したい、RC2C05-0xのRGBPPUを持ってるけど使いたいっていう方向けになります。
NEWファミコン専用基板ですが、工夫次第では他のファミコンにも利用できるかもしれません。
(PPUの向きの改善や収納スペースが確保できれば他機種に流用は出来ます)

基板は破損防止の為にピンヘッダとRGBPPU用の40ピンICソケットを取り外した状態の半完成品になります。
RGBPPU基板本体(半完成品) x 1
ピンヘッダ20ピン x 2(頒布時期によっては部品が変更される場合があります)
PPU用40ピンICソケット x 2

RGBPPUPCB_09.jpg 

この基板を取り付ける場合は、NEWファミコンのPPUを取り外す必要があります。
取り外した箇所に付属の40ピンICソケットをハンダ付けします(向きに気をつけてください)
RGBPPUPCB_03.jpg 

まず基板本体に丸ピンヘッダ x 2個をハンダ付けします(ピンの太い方が基板側です)
※ハンダ付けしたあとは、ICソケット側のピンを切って下さい。下記のICソケット取付時に邪魔になります。
RGBPPUPCB_07.jpg 

次に40ピンICソケットを基板本体へハンダ付けします。(順番を間違えるとハンダ付けが出来なくなりますのでご注意を
RGBPPUPCB_08.jpg 

これで本体は完成です。

RGB信号(3本)をNEWファミコン本体のマルチコネクタへ配線します(パターンカットなどはありません)
RGBPPUPCB_02.jpg 

本体配線箇所
RGBPPUPCB_06.jpg ※黄色のケーブルは関係ありません

これで完成です。RGBケーブル等でモニターに接続してください。
RGBPPUへ交換して不具合があるゲームがあれば 74LS373 を 74HC373 へ交換すると改善できます。
RGBPPUPCB_05.jpg 

※基板上のスイッチ説明
プロテクトがあるRC2C05-0x のPPUを使用する場合は基板上のスイッチを上(RC2C05-x0側へ)
それ以外の通常のRGBPPUはスイッチを下側に切り換えて使用してください。

関連記事
ACR WEB ブログランキング参加してます

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakutendo.blog87.fc2.com/tb.php/297-970cfe46