2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07












P6ベルーガカートリッジ FusionPCBへ基板発注 

前回は自作でベルーガ基板を作成しました。
部品点数も少なく部品も比較的入手可能ですが、やはり配線がかなり大変…
ということで、前から勉強していたKiCadを使って初の基板発注をしてみました。

※作成した基板(ベルーガ基板 Ver 1.0)は欲しい方がいれば頒布予定です
(初回の試作基板は頒布終了しました)
beluga_004.jpg 

まずはKiCadをつかって西田さんのサイトを参考に回路図の作成。
beluga_ver3.png 西田さんのサイトの開発記や回路図 → 西田ラヂオ

必要な部品やモジュールを作成して、部品配置、手配線とオートルーターで何とか完成。
berugaPCB_01.jpg     berugaPCB_02.png     berugaPCB_03.png

配線ミスが無いか確認後、基板の発注はFusionPCBへ発注することに
FusionPCB
発注方法は色々なサイトで紹介されているのでそれを参考に(情報は古いです)
まずはガーバーデータを作成してFusionPCBに合わせたファイル名に変更
Web上からファイルをアップロードして、基板サイズ、発注枚数等を指定
Paypalで支払いを完了してあとは完成を待つだけ…

で、到着したベルーガ基板はこれ。一番安い発送方法で 7/8 に発注して手元に届いたのは 7/25 でした。
低価格でこのレベルの基板が個人で作成できるのはいいですね。
berugaPCB_04.jpg     berugaPCB_05.jpg     berugaPCB_06.jpg     berugaPCB_07.jpg     berugaPCB_08.jpg

早速部品をハンダ付けして、動作確認もバッチリOK
アクリルケースはサンプル品ということで Ackieeeさんから譲っていただきました。感謝です!
berugaPCB_09.jpg     berugaPCB_10.jpg     berugaPCB_11.jpg     berugaPCB_12.jpg

こっちはその後気になる箇所を修正して、再発注した基板でハンダ面を金メッキに変更した Ver1.0基板
8/3 に発注して手元に届いたのは 8/15 (EMS発送にしました)
スイッチを付けているので、1Mbit単位でゲームの切り替えが可能(2in1や4in1に出来る)
気になる箇所はすべて修正したので、この基板が完成品になるかと思います
berugaPCB_13.jpg      berugaPCB_14.jpg      berugaPCB_15.jpg      berugaPCB_16.jpg      berugaPCB_17.jpg

アクリルケースも作成中だけど、頒布するかどうかはまだ未定です。
berugaPCB_18.jpg     berugaPCB_19.jpg     berugaPCB_20.jpg     berugaPCB_21.jpg

自作ベルーガカートリッジで実機動作確認


今まで作成してきた、ベルーガカートリッジの試作品一覧
beruga_001.jpg     beruga_002.jpg     beluga_003.jpg     beluga_004.jpg
関連記事
ACR WEB ブログランキング参加してます

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakutendo.blog87.fc2.com/tb.php/288-7b43c548