2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09












MMC3フラッシュカートリッジ CHR-ROM&RAM両対応 

MMC1とMMC3にはCHRROMタイプとCHRRAMタイプの2種類があります。
フラッシュカートリッジを作成する場合は通常2種類のカセットを作成するのですが、ちょっとした改造で両対応のフラッシュカートリッジが作成できます。
今回はMMC3を例に作成してみました。
CHRROMタイプのMMC3フラッシュカートリッジを作成している前提ですすめていきます。
前回FRAM化したMMC3フラッシュカートリッジ →
ファミコンカセット SRAMをFRAM 【FM1608】 に交換
MMC3_RAMROM05.jpg     MMC3_RAMROM06.jpg

まずはSRAM(6264)を用意します。バッテリーバックアップのカセットから取り外しましょう
足のピンは必要ないので全部切ってください
MMC3_RAMROM07.jpg     MMC3_RAMROM08.jpg     MMC3_RAMROM09.jpg     MMC3_RAMROM10.jpg

SRAMをFlashROMの裏側に取り付けます。
MMC3基板のFlashROMの足もSRAMと接続しないピンだけカットします
※作成した方法が違う場合は必ずしも写真と同じにならないのでご注意
SRAM6264.jpg MMC3_RAMROM11.jpg     MMC3_RAMROM12.jpg
MMC3_RAMROM01.jpg 

カットした部分以外のピンをFlashROMとSRAMをハンダ付け
VCCとCE2はVCCへ、R/WはFlashROMと同じPPU /WRへ、/OEもFlashROMと同じPPU /RDへ配線します
MMC3_RAMROM13.jpg     MMC3_RAMROM14.jpg     MMC3_RAMROM03.jpg

FlashROMにつないでいた /CE の配線を外しておきます
外した/CEを切替スイッチの真ん中へ、FlashROMの/CEを片側、SRAMの/CEをもう片方に配線
両方の/CE側に10kΩをそれぞれ配線しVCCでプルアップします
MMC3_RAMROM04.jpg     MMC3_RAMROM02.jpg

これで切替スイッチでCHRROMとCHRRAMの切替が可能となります
スイッチは目立たないように各自取り付けてみてください
MMC3_RAMROM16.jpg     MMC3_RAMROM15.jpg 

赤と黒のカセットを組み合わせて、両対応カセット完成!!
Kazzoでの書込&実機での動作も問題なし。MMC1も同様に作成可能です。
MMC3_RAMROM17.jpg 


関連記事
ACR WEB ブログランキング参加してます

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakutendo.blog87.fc2.com/tb.php/282-7f5d4a2a