2017 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 03












QDC作成 

前回パソコンから手軽に吸い出し書き込みが出来て、特殊フォーマットにも対応した「FDSloadersaver(仮)」を公開されたkitahei88さんがQDCを公開されました → レトロゲーム漫遊記  episode2 
あやすけさんとこでは頒布版を紹介しています → QDC


ということで前回の
記事 で作成したFDSloadersaver に部品を追加してバージョンアップする事に。
とりあえずバージョンアップしやすいように作成していたので、ほぼそのままで改良はOKです。
fdsls01.jpg    fdsls02.jpg 

前回から追加する部品は…
QSBT40 x 2 , 74HC86 x 1 , 1kΩ x 1 , 4.7kΩ x 1 , 10kΩ x 3
と部品点数も少ないですし、回路変更も少ないのでバージョンアップは簡単に出来そうです。

QSBT40はSOT363なので変換基板を利用して取付(手配線は細かすぎて無理でした)
QDC07.jpg

回路図を見ながら、部品を再配置&再配線、最後にAVRへ書き込み
QDC10.jpg     QDC09.jpg      
avrdudeを使ってコマンドプロンプトでfuse変更 

avrdude -p atmega164p -B 4 -P com1 -c usbasp -U lfuse:w:0xf7:m -U hfuse:w:0xd8:m -U efuse:w:0xff:m 
AVRflashbin.hexを書き込み 
avrdude -p atmega164p -B 4 -P com1 -c usbasp -U flash:w:AVRflashbin.hex

で…
ディスクの読込&書込の確認と
ドライブエミュレーションの動作確認が出来たら完成。

※ちゃんと完成したら写真を差しかえます(^^;;
QDC01.jpg    QDC04.jpg

QDC08.jpg

※随時追記していきます。

関連記事
ACR WEB ブログランキング参加してます

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakutendo.blog87.fc2.com/tb.php/281-432b26d0