2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10












kazzo 予定数ほぼ完売 

沢山のご注文ありがとうございました。
予定数はほぼ完売しました(若干残っているのもあります)

部品が入荷次第、再開させていただきますので PCB2.1キット ご希望の方は予約という形でご注文ください。
関連記事
ACR WEB ブログランキング参加してます

本日、無事到着しました。
kazzo PCB2.1の部品は、全て揃っていました。
kazzo PCB2.0の方は、動作検証はしていませんが
たぶん、大丈夫でしょう。

これで、1.0・2.0・2.1と揃いました。
あとは、2重底にするためにアクリル板かプラ板を
買って取り付けます。

検証は、ボチボチとやりますよ。
では、また
[ 2010/08/09 23:08 ] [ 編集 ]

届きました

届きました!部品も全部あり組み立て完了!ちゃんと認識しましたよ~ これからいじってみます
[ 2010/08/16 23:17 ] [ 編集 ]

>ツボックさん
>サザビーさん

販売した方々がちゃんと動作しているのか、ちょっと心配ですね(^-^;
ブログとか何かで報告とかしていただけるといいんですけれど…
[ 2010/08/28 21:50 ] [ 編集 ]

動きました。

こんばんは、寝る前のツボックです。
いや~、毎日が暑いですね。いかがお過ごしでしょうか?

KAZZO2.1ですが、30分で組み上がりました。
部品点数も多くなくて助かりました。

さて、結果ですが
①ドラゴンクエストⅡ 悪霊の神々
②ファミコントップマネジメント
③飛龍の拳 奥義の書
などが起動しております。

ただし、
①SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語
②SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語2 光の騎士
では ”13:syntax error: unknown opcode PPU_RAMTEST ”
が出て出来ませんでした。

スクリプト関係は、全然理解していないのでこれからですね。
製作関連の批評もあるのですが、割愛させていただきます。
では、おやすみなさい
[ 2010/09/05 00:03 ] [ 編集 ]

>ツボックさん

kazzoは無事完成しましたか(^-^

”13:syntax error: unknown opcode PPU_RAMTEST ”のエラーはスクリプトの記述に
PPU_RAMTEST とあると思うので削除すれば吸い出し可能だと思います。

それとanago用のスクリプトを作ったので使ってみてください

■Bandai#16用吸い出しスクリプト ファイル名:lz93d50#16.ad

/*
Bandai#16(#159?)

LZ93D50+24C01(1Kbit EEPROM) #159?
LZ93D50+24C02(2Kbit EEPROM) #16 ?

FCG-2|FCG-1|LZ93D50 カセットのチップによって記述変更?
6000h|7FF0h|8000h Select 1K VROM at PPU 0000h-03FFh
6001h|7FF1h|8001h Select 1K VROM at PPU 0400h-07FFh
6002h|7FF2h|8002h Select 1K VROM at PPU 0800h-0BFFh
6003h|7FF3h|8003h Select 1K VROM at PPU 0C00h-0FFFh
6004h|7FF4h|8004h Select 1K VROM at PPU 1000h-13FFh
6005h|7FF5h|8005h Select 1K VROM at PPU 1400h-17FFh
6006h|7FF6h|8006h Select 1K VROM at PPU 1800h-1BFFh
6007h|7FF7h|8007h Select 1K VROM at PPU 1C00h-1FFFh
6008h|7FF8h|8008h Select 16K ROM at 8000h-BFFFh (initially 1st bank)
N/A Fixed 16K ROM at C000h-FFFFh (always last bank)
*/
board <- {
mappernum = 16,
cpu_romsize = 2 * mega, cpu_banksize = 0x4000,
ppu_romsize = 2 * mega, ppu_banksize = 0x0400,
ppu_ramfind = true, vram_mirrorfind = false
};
function cpu_dump(d, pagesize, banksize)
{
for(local i = 0; i < pagesize - 1; i +=1){
cpu_write(d, 0x8008, i);
cpu_read(d, 0x8000, banksize);
}
cpu_read(d, 0xc000, banksize);
}
function ppu_dump(d, pagesize, banksize)
{
for(local i = 0; i < pagesize; i+=8){
cpu_write(d, 0x8000, i);
cpu_write(d, 0x8001, i | 1);
cpu_write(d, 0x8002, i | 2);
cpu_write(d, 0x8003, i | 3);
cpu_write(d, 0x8004, i | 4);
cpu_write(d, 0x8005, i | 5);
cpu_write(d, 0x8006, i | 6);
cpu_write(d, 0x8007, i | 7);
ppu_read(d, 0x0000, banksize * 8);
}
}
[ 2010/09/07 01:49 ] [ 編集 ]

ついでに書き込みスクリプトも

/*
Bandai#16 FLASH MEMORY WRITE

LZ93D50+24C01(1Kbit EEPROM) #159?
LZ93D50+24C02(2Kbit EEPROM) #16 ?

FCG-2|FCG-1|LZ93D50 作成したカセットのチップによって変更?
6000h|7FF0h|8000h Select 1K VROM at PPU 0000h-03FFh
6001h|7FF1h|8001h Select 1K VROM at PPU 0400h-07FFh
6002h|7FF2h|8002h Select 1K VROM at PPU 0800h-0BFFh
6003h|7FF3h|8003h Select 1K VROM at PPU 0C00h-0FFFh
6004h|7FF4h|8004h Select 1K VROM at PPU 1000h-13FFh
6005h|7FF5h|8005h Select 1K VROM at PPU 1400h-17FFh
6006h|7FF6h|8006h Select 1K VROM at PPU 1800h-1BFFh
6007h|7FF7h|8007h Select 1K VROM at PPU 1C00h-1FFFh
6008h|7FF8h|8008h Select 16K ROM at 8000h-BFFFh (initially 1st bank)
N/A Fixed 16K ROM at C000h-FFFFh (always last bank)

CPU Memmory Bank
cpu address|rom address |page|task
$8000-$bfff|0x04000*n |n |write area
$c000-$ffff|末尾 |fix |boot area & write 0x02aa or 0x0555

PPU Memmory Bank
ppu address|rom address |page|task
$0000-$03ff|0x02800-0x02bff|0x0a|write 0x02aaa
$0400-$07ff|0x05400-0x057ff|0x15|write 0x05555
$0800-$0bff|未使用 | |
$0c00-$03ff|未使用 | |
$1000-$1FFF|0x1000*n |n |write area
*/
board <- {
mappernum = 16, vram_mirrorfind = false,
cpu = {banksize = 0x4000, maxsize = 2 * mega},
ppu = {banksize = 0x0400, maxsize = 2 * mega},
};
function initalize(d, cpu_banksize, ppu_banksize)
{
cpu_command(d, 0x02aa, 0xc000, cpu_banksize);
cpu_command(d, 0x0555, 0xc000, cpu_banksize);

ppu_command(d, 0x2aaa, 0, ppu_banksize);
ppu_command(d, 0x5555, 0x0400, ppu_banksize);

cpu_write(d, 0x8000, 0x0a);
cpu_write(d, 0x8001, 0x15);
}
function cpu_transfer(d, start, end, cpu_banksize)
{
for(local i = start; i < end; i += 1){
cpu_write(d, 0x8008, i);
cpu_program(d, 0x8000, cpu_banksize);
}
/*
cpu_program(d, 0xc000, cpu_banksize);
*/
}

function ppu_transfer(d, start, end, ppu_banksize)
{
for(local i = start; i < end; i += 4){
cpu_write(d, 0x8004, i);
cpu_write(d, 0x8005, i | 1);
cpu_write(d, 0x8006, i | 2);
cpu_write(d, 0x8007, i | 3);
ppu_program(d, 0x1000, ppu_banksize * 4);
}
}
[ 2010/09/07 01:58 ] [ 編集 ]

こんばんは、ツボックです。
せっかく、ご教授いただいたのに検証が遅くなり申し訳ありませんでした。

>PPU_RAMTEST とあると思うので削除すれば吸い出し可能だと思います。
 バッチリ出来ました。”PPU_RAMTEST ”の部分だけを削除してやりました。
 カセットが古いために、抜き差しせず3回目でOKが出ました。

 anagoは、もう少し待って下しね。
 結果は、おって報告させていただきます。
 では、また
[ 2010/09/08 21:37 ] [ 編集 ]

こんにちは、ツボックです。
>それとanago用のスクリプトを作ったので使ってみてください
anagoもうまくいきました。
ただし、最初はカセットを挿したままで2回やりましたがNG
次に、抜き挿しをして4回ほどやり、これもNG
あとは、めんどくさくなったので挿したままで5,6回やりNG
やっと、OKが出ました。

やはり、古いとどうしても1回では出来ませんね。
それと”mirroring charcter rom fixed”が出ますが
これは、どういう意味なんでしょうか?
[ 2010/09/11 12:41 ] [ 編集 ]

>ツボックさん

カセットの端子が汚れてるとなかなか読み込めないですからね(^-^;
古いのは黒ずんでたりしてるので、私は接点復活剤でピカピカにします。

mirroring charcter rom fixed
これはどういう意味だったかなw
エラーではないので気にしなくて大丈夫ですよ。(na6koさんに聞いてみないと…)
[ 2010/09/13 23:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakutendo.blog87.fc2.com/tb.php/210-1a00eae8