2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07












TSOPデバイスのハンダづけ 

MDC5カートリッジで使用した 8Mbit の MBM29F040 は TSOP の 40ピンなので変換基板を使用しないといけない

ですしハンダ付けが面倒です。

でも、コツをつかめばかなり簡単にハンダ付けが出来るようになりますので恐れることはありません(^-^

色々なやり方はあると思いますが、私が普段やっている方法を紹介します。

※ハンダこてはなるべく先が細い物で、電子部品のハンダづけには15~30Wぐらいの物がいいです。

 

s-tsop01.jpg  右に写っているのは定規で、ひと目盛りは 1mm です( ; ゚Д゚)

こんなのハンダ付けは無理だぁ~とは思わないで下さい。

私だってこれ1つ1つハンダ付けなんて無理ですが、ある程度道具がれば簡単にできます。

 

s-tsop04.jpg    s-tsop05.jpg

ハンダ吸い取り線・無洗浄タイプのフラックスを用意しましょう(ルーペもあると作業がやりやすいです)

 

s-tsop02.jpg    s-tsop03.jpg  

まず変換基板にデバイスをちゃんと合わせて、セロテープで仮止めします。

 

s-tsop07.jpg  仮止めが出来たら、フラックスをデバイスのピンと基板へ塗ります。

 

s-tsop06.jpg  次にハンダこての先にちょっとだけハンダを付けます

ハンダを付けすぎるとハンダブリッジしてしまうので、本当にちょっとだけ付けます(写真はちょっと付けすぎ…)

 

s-tsop08.jpg  ハンダこてに付いたハンダを上から塗っていく感じで、ピンにハンダを付けていきます。

 

2~3本のピンにハンダをのせる感じで、デバイスのピンから基板の外側へ向けてハンダこてを動かしていきます。

上から順番にやっていってください、フラックスが塗ってあるので、すぐにハンダがのっていくと思います。

ハンダが隣のピンとブリッジしても、気にせず全部やっていきましょう。(右下のピンはハンダブリッジしてます)

 

s-tsop09.jpg  ハンダブリッジしてしまったら、ハンダ吸い取り線でハンダを吸い取ります。

 

s-tsop10.jpg  反対側も同様にやって、完成ですヽ(´∇`)ノ

 

最初はちょっと難しいかもしれませんが、なれると数分でハンダ付けが完了します。

本番でやる前に、ジャンク基板などで練習することをオススメします。

関連記事
ACR WEB ブログランキング参加してます

こんばんは、ツボックです。
MD完成しました。
次は、FCに挑戦です。それと、MDC5カートリッジにも挑戦します。
分からない事があれば、よろしくお願いいたしますね。
では、また。(それにしても、眠いよ~)
[ 2009/06/14 02:33 ] [ 編集 ]

>ツボックさん

おぉ~完成しましたか(^^
私の方は、メガドラのコネクタ探しで止まってます…

MDC5の事であれば何なりとどうぞ~
[ 2009/06/14 03:01 ] [ 編集 ]

今日ハードオフにて1M SRAM入手しました!
ようやくMDC5カセット完成できそうです
あ、ちょうどメガドラジャンクも買ってきたので譲りましょうか?
僕は使う予定ありませんので^^
[ 2009/06/14 22:28 ] [ 編集 ]

>いんくさん

スーファミのBBカセットの1Mbit SRAMにはSOPが多いみたいですが
デザエモンに1MbitのDIP SRAMが付いてたんですね。

メガドラは500円かぁ…送料込みだと…
ん~ちょっと考えておきますね(^^
[ 2009/06/15 02:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bakutendo.blog87.fc2.com/tb.php/137-1c071917