2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07












RAMアダプタ改造基板 【バッ活 PART11】 

かなり古い記事ですがバッ活パート11掲載「ROMゲームをディスクシステムで実行」の基板を作ってみました。
RAMKai_14.jpg   RAMKai_15.jpg 
書籍を持っていない方も今は電子書籍で楽しめます。
バックアップ活用テクニック 三才ブックス | 三才ブックス《電子出版》

当時は作ってみたいとは思っていたのですが、作成するにはかなりハードルが高く…PC-6601SR用のハードを作らないといけなかったり…今ではFDSイメージ作成もPCでできますし基板作成も手軽に出来る時代(^-^
ということで記事内では回路は外付けですが、表面実装部品と部品配置を駆使してRAMアダプタ内に内蔵できるようにしてみました。

これで見た目は普通のRAMアダプタですが…MAP#00とMAP#03のカセットがディスクで動かせます!!
※MAP#03で32k+16Kのゲームは動作しませんでした(原因は不明)
MAP#03で32k+16kのゲームは3本
アルカノイド
ファミリーシンセ いきなりミュージシャン
ピーパータイム
しかないから、とりあえず動かなくてもいいかなと(^-^;;
RAMKai_13.jpg 
初回の頒布は終了しました。
家電のケンちゃんにて委託販売予定となっておりますので、もうしばらくお待ち下さい

※頒布内容
RAMアダプタ改造基板 x 1
FDSイメージ作成ファイル一式 x 1

RAMKai_05.jpg   RAMKai_27.jpg   RAMKai_28.jpg   

この他にも…
ディスクシステムRAMアダプタ(DRAM 4個バージョン) x 1 
DIP SRAM 256kbit x 1
バックアップ活用テクニック PART11(または電子書籍)

が必要となります。

記事内ではRAMアダプタはDRAM1個バージョンでも動作は可能と書かれていましたが、実際は動作しませんでした。
原因は不明ですが、記事内ではDRAM4個バージョンで作成しているのでもしかすると動作確認はしていないのかもしれません。
RAMアダプタ改造基板の74シリーズはすべて74Fxxで実装しています。
74F139以外は74HCxxでも大丈夫なのかもしれませんが…機会があれば実験してみます。
RAMKai_09.jpg 

記事の内容を見ながら作業していきます。
まずはRAMアダプタ内のSRAMを交換します、取り外して256bitのSRAMを取り付けて下さい
SRAMの1、26、27ピンを横に曲げてそれ以外のピンはハンダ付けします。
RAMKai_26.jpg   RAMKai_24.jpg   RAMKai_25.jpg   RAMKai_10.jpg        

パターンカットはバッ活 記事内の図に示すとおり3カ所(a,b,c)です、しっかりと切断しておいて下さい。

RAMアダプタカット_a    RAMアダプタカット_b   RAMアダプタカット_c  ※カット画像は提供していただきました。

RAMアダプタ改造基板と取り付けるために不要なピンを切断します。
改造基板を合わせながら、邪魔なピンを切断していきましょう。
DRAMのピンは記事記載のDRAM(MB81416)の4ピン(PRG R/W')と16ピン(PRG CAS1')以外は切断しても大丈夫です。
このピンは改造基板とハンダ付けすることになります。
RP2C33は1ピンと59ピンが改造基板とハンダ付けしますので、基板周辺だけ邪魔なピンをカットします。
くれぐれも必要なピンまで切断しないようにして下さい。

RAMKai_04.jpg   RAMKai_17.jpg   RAMKai_16.jpg   RAMKai_18.jpg 

準備が出来たらハンダメッキがされている穴が開いた部分をすべてハンダ付けします。
これで配線を使用せず、必要な信号線をRAMアダプタから取ることが出来ます。
通常より多めにハンダを流し込む感じになります。
取り付けて横に曲げたSRAMの1、26、27ピンから改造基板のJ1(A13,A14,WE)に配線でそれぞれハンダ付けします。
最後に付属の電解コンデンサを穴にはめてハンダ付けすれば完成です。
RAMKai_12.jpg   RAMKai_21.jpg  
ACR WEB ブログランキング参加してます

P6RGBコンバータ用サブ基板 

えすびさんが公開されているRGBコンバータ用のサブ基板を作ってみた。
回路図を見ながら自作してもよかったんだけど、回路も複雑ではなかったので基板発注しました(^-^

※2017.06.06更新
えすびさんのサイトで新バージョンがリリースされました。不具合の修正と対応モニターが増えたとのことです。

※動作確認済み液晶モニター 2017.06.18 更新
100% 動作を保証する物ではありませんので、参考程度でお願いします。
SONY SDM-P234B , 三菱 RDT233WLM-D , ThinkVision L1711p
センチュリー LCD-8000V , ヒュンダイ Q15 , プリンストン PTFWV-17 , NEC F17R71
corega CG-L17ASW , IODATA LCD-TV195CBR , ダイナコネクティブ NQ150M , プリンストン PTFBGF-19W

新バージョンに対応するためのSRAM増設基板を作成しました。
この基板は、旧P6RGBコンバータサブ基板をお持ちの方向けに頒布します。
P6つくろうブログ RGBコンバータ(12)
P6RGBCon_19.jpg   P6RGBCon_17.jpg   P6RGBCon_18.jpg 


P6RGBコンバータ用サブ基板(改) は家電のケンちゃんにて委託販売中です!
下記を参考に他に必要な物もご準備下さい。

P6つくろうブログ RGBコンバータ(10)(リリース)
P6つくろうブログ RGBコンバータ(7)
※PC-6001初代機はRGB端子が無いので使用できません
怪しいCycloneIIボード版の回路図(サブ基板)とDIN8ピンケーブルを作成
完成したサブ基板とFPGAを合体したのがこちら…
P6RGBcon_07.jpg   P6RGBcon_12.jpg   P6RGBcon_13.jpg   P6RGBcon_14.jpg 

P6RGBコンバータ用サブ基板だけでは何も出来ません。
動作させるには色々と準備が必要です。

※サブ基板以外に必要な物(詳細は↓)
怪しいCycloneIIボード:P6RGBコンバータ本体となる基板
ACアダプター:怪しいCycloneIIボード用の電源
USBブラスター:
怪しいCycloneIIボードに書き込むために必要
DIN8ピンケーブル(自作):P6と怪しいCycloneIIボードをつなぐケーブル


P6RGBcon_04.jpg   P6RGBcon_05.jpg   P6RGBcon_08.jpg 
P6とRGBコンバータ用サブ基板とつなぐDIN8ピン(8a)ケーブルは自作してください。
ケーブルの長さはなるべく短い方(20~30cm)がいいと思います。
DIN8aプラグでストレート配線(同じピン番号同士をつなぐ)です
ピン番号記載の写真も用意しました。
DIN8aケーブル02   DIN8aケーブル03  
DIN8ピンオス        DIN8ピンオス
      1 --------------- 1
      2 --------------- 2
      3 --------------- 3
      4 --------------- 4
      5 --------------- 5
      6 --------------- 6
      7 --------------- 7
      8 --------------- 8

FPGAを動作させるためのACアダプタ(5vでセンタープラスの物) 参考:
秋月電子 ACアダプタ
怪しいCycloneIIボードは
AmazonAliexpressなどで購入できます。
基板には2種類あるようで、えすびさんのサイトでも1版、2版用の2種類用意されています。
どのタイプかはどちらかを書き込んで動作する方を選んでください。
FPGAを書き込むためにはUSBブラスターなどが必要です。
書き込み方法やUSBブラスターの入手先などはこちら → 
P6つくろうブログ FPGAボードへの書き込み方法

1版表   1版裏 1版基板     2版表   2版裏 2版基板 

1版と2版の違いはR13,C14が逆になってる以外に1版ではR1,R2,R9,R10が0Ωでショートされている。
1版のをお持ちの方は R1,R2,R9,R10 のチップ抵抗を必ず取り外してください。
P6つくろうブログ RGBコンバータ(13)


■チップ抵抗の取り外し方
はんだをたっぷりチップ抵抗に盛りハンダこてで暖めてずらせば簡単にとれます。
外したチップ抵抗はいらないので処分でOkです
チップ03  チップ04  チップ05  チップ01  チップ02


※写真は怪しいCycloneIIボード 2版

P6RGBcon_01.jpg 
書き込んだ後ACアダプタをつないで写真の状態にし、FPGAボードの電源LEDとD4が点灯してSWを何回か押しているとD2が点灯・消灯すれば問題ないです。
どちらか判明したら1版なのか2版なのか分かるようにしておきましょう。

次にサブ基板をつないで動作チェック。
※サブ基板をずらして挿してしまわないように注意!
P6RGBcon_03.jpg   P6RGBcon_02.jpg 

P6RGBcon_09.jpg 
P6とFPGAをDIN8ピンケーブルでつないで電源をいれます。
正常に動作していればFPGAの電源LEDが点灯、D4はmk2SR/66SRだと点灯、mk2/66は消灯しているはずです。
しばらくするとD5(データ同期時に点灯)も点灯します。
SWを何回か押しているとD2が点灯、消灯すればFPGAとP6は正常につながっていることになります。
ここで正常に動作していなければ、自作したDIN8ケーブルに問題があるかと思います。

あとは液晶TVや液晶モニターにつないで表示されるかチェックしてください。
640x480用と1280x1024用の2種類のファイルが用意されているので両方試してください。

2017.06.06 にリリースされた新バージョンは、ほぼすべての液晶モニターに対応出来ているようです。
手持ちの液晶モニターではすべて大丈夫でした。

こんな感じで滲みも表現されています。
P6RGBcon_10.jpg 

ACR WEB ブログランキング参加してます