2016 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312016 11












RGBtoコンポーネント変換基板 

綺麗な大画面でレトロゲームがプレイしたい!ということで…
D端子ケーブルで液晶TVと接続できる RGB(15kHz)→コンポーネント変換基板を作成しました。
あやすけさんのサイトで様々なゲーム機で動作確認されています
てきとうにブログ
とむねこさんのサイトで液晶TVに内蔵されています → GAMERnium | Need more Digital!
RGB-Comp06.jpg  

かなり前にネット上の回路図で自作していましたが、今回はその回路図を元に某氏に大幅改良していただき
ました。
一部のスーパーファミコンにも使用されている BA6592F を利用しています。
rgb-conp_01.jpg    rgb-conp_03.jpg    rgb-conp_02.jpg 

PS2のAVアダプターの基板と入れ替えることによってケースがそのまま利用できます。
※頒布品の内容
RGBtoコンポーネント基板(部品実装済み)※AVマルチコネクタは付属しません
コンポーネントケーブル x 1(おまけ)※頒布時期によっては付属され無い場合もあります
※すべてのゲーム機(RGB機器)や液晶TV等で動作確認を行っていないので、正常に表示されない機種もあります。
※この基板はPS2AVマルチの3ピンから電源供給しています。(下記回路図参照)
接続するケーブルによっては3ピンに5V供給されていない場合もありますので、3ピンに5Vをつなぐか外部電源で電源供給を行ってください。(AVマルチ側の3ピンをテスター等でチェックしてみてください)

RGB-Comp08.jpg    RGB-Comp02.jpg 

■家電のケンちゃんにて委託販売を行っていますのでよろしくお願いします。
家電のケンちゃん

AVアダプタに内蔵する場合は、AVアダプターからAVマルチコネクタを取り外して変換基板に取り付けて下さい。
RGB-Comp04.jpg 
※AVアダプタに内蔵した場合
RGB-Comp03.jpg 
小スペースですが一部をユニバーサル基板にしていますので外部電源用のDCコネクタやUSB端子、切替スイッチ、ヘッドホン端子などなど自由に使用して下さい。
RGB-Comp05.jpg 
基板も小さいのでゲーム機にも内蔵できるかと思います。
回路図も掲載しておきますので、基板のみの方や自作される方は部品、ピンアサイン等の確認にご利用下さい。
※今回は回路図上のR12,R13,R14は取り付けていません
RGB-Comp回路図 

21ピンメスコネクタ-PS2マルチコネクタケーブル → RGBtoコンポーネント基板 → コンポーネントケーブル → D端子ケーブルという接続で利用しています。
RGB-Comp07.jpg 




ACR WEB ブログランキング参加してます