2012 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 09












TapeDump【DiskBios】 

安定して吸い出せるようになってきたので色々と試してみました。

まずはディスクシステムのBIOS吸い出し
特に何てことは無く、RAMアダプタをNROMで吸い出します。
出来たROMイメージ(NROM PRG:32k+CHR:8k)は、TapeDumpのプログラムも混ざっているのでBIOS部分だけ取り出します

NESヘッダが付いているので、BIOSデータは 6010~800F (8Kbyte) までとなります 
diskbios_0a.jpg 
diskbios_0b.jpg   
 
バイナリエディタなどでこの範囲を切り取って保存(disksys.rom)しましょう。
これでディスクシステムの disksys.rom が取り出せました。

同様にツインファミコンのBIOSも吸い出せます
カセットにスイッチを切り替えて、TapeDumpのカセットを挿し電源を入れる
NROM、2400bpsを選択してTapeDumpのカセットを抜きます
そのままディスクへスイッチを切り替えて、STARTボタンを押して吸い出し開始。
吸い出したROMイメージをBIOS部分だけ切り出せばOKです

twin_bios.png

ちゃんと吸い出せているかはエミュレータ等で確認してみてください




ACR WEB ブログランキング参加してます

TapeDump【ディスク】 

カセット吸い出しはうまくいくものの、ディスクはRAMカセットの差し替えでほとんど失敗してしまいます。

ディスク吸い出しの場合は、ツインファミコンを使用した方がうまくいきましたのでその方法を。

tapedump02.jpg

1:ディスクにスイッチを切り替えて電源を入れる
2:画面が出たら、電源を入れたままカセットにスイッチを切り替える
3:電源を入れたまま、TapeDumpのカセットをさし込む
4:リセットを1回押す
5:FDS DISKSを選択して、Aボタンで2400bpsに設定
6:電源を入れたまま、カセット取り出しボタンでカセットを抜く
7:電源を入れたまま、ディスクにスイッチを切り替える
8:スタートボタンを押すと、画面が真っ暗になって吸い出し開始(ディスクを読みにいく)
9:同時にパソコン側で録音開始
10:「ぴーがー」音が出る
11:画面が切り替わって、吸い出し完了
12:そのままディスクを入れ替えてスタートボタンを押せば、続けて吸い出し可能



ACR WEB ブログランキング参加してます

TapeDump 

TapeDumpは結構前から公開されていましたが、ディスクの吸い出しも出来る様なので試してみました。
TapeDumpのサイトはこちらから→Tape Dump instruction manual

まずはROMカセットを作成する必要があります。
TapeDumpのプログラム(ROMイメージ)をダウンロードしてマッパ0のカセットに書き込みます。
マッパ0またはマッパ3のフラッシュカートリッジを使ってkazzoで書き込むか、ROMライタでEPROMに書き込んでROMカセットを作成してください。 (NES PowerPakでも可能です)

吸い出しカセットが完成したら、ファミコンで動作確認
tapedump01.jpg

吸い出したいカセットの種類を選んでAボタンを押す(ディスクの場合はFDS DISKS)
tapedump02.jpg

Aボタンで吸い出すデータの転送速度をを選択します。背景の色が変わります(今回は2400bpsを選択)
tapedump03.jpg

次に電源を入れたままカセットを抜く(出来るだけすばやく)
そうすると、うまくいっていれば背景の色が変わりつづけています
 tapedump04.jpg

次に吸い出したいカセットを電源を入れたまますばやくさします
うまくいっていれば背景の色が変化しつつ、画面上のキャラが吸い出したいカセットの物になっている
 
ここまで大丈夫であればスタートボタンを押します
画面が真っ暗になり、なつかしの「ぴーがー」が聞こえれば成功しているはずです
吸い出しが終了すれば、吸い出す前の状態に戻ります
基本的なやり方がわかれば、実際に吸い出すために音声の接続をやりましょう

音声はTVのイヤホン端子から直接PCのマイク端子へ接続して、PCで録音します
ファミコンの無音時に出ている独特のノイズ(ブーンという音?)が大きいとうまくいかないようです。
音がひどい場合はNEWファミコンを使用するか、2コンのマイクボリュームをクリーニングしたりしてみてください
(2コンのコネクターを本体基板から抜いてしまうのも1つの手です)


録音ソフトは「ぽけっとれこーだー」を使用しました
録音設定は 2400bpsの場合 44100Hz 8ビット モノラル で行います
スタートボタンを押すと同時に録音開始。
録音が出来たら、適当な名前を付けてファイルを保存します
次にwavファイルをバイナリファイルへ変換します
ソフトはサイトでも紹介している KCS v0.8

コマンドプロンプト上又はバッチファイルを作成して実行します
■例
カセットなら
KCS -B2 -G2 -F10 rom.wav test.nes
ディスクなら
KCS -B2 -G2 -F10 fds.wav test.fds

完成したROMイメージをエミュレータ等で実行して確認します
ディスクを吸い出した場合、すべてが両面ソフトとしてヘッダ作成されるため片面ソフトの場合は画像の反転部分が
02になっているので01に修正します
tapedump05.jpg 

抜き挿しの時、ROMカセットではそれほど失敗しないと思うのですがRAMアダプタは高確率で失敗します
RAMアダプタを挿してうまくいった場合は、スタートボタンを押した後ディスクアクセスが始まります
何度も挑戦してみてください。
ディスク吸い出しの場合は、1度成功すればその後は何度でも吸い出し可能なので一気にやってしまいましょう
TapeDumpはハッカー系やアイツー系以外のディスクであれば吸い出しは可能です。

今回TapeDumpは電源を入れたまま行うので、ファミコンやカセットが壊れても知りませんよw

ACR WEB ブログランキング参加してます