2011 101234567891011121314151617181920212223242526272829302011 12












PC-6001を弄る【BIOS吸い出し】 

いまだに、当時所有していたPC-6001mkⅡが倉庫から発見できず…
発売30周年と言うことで、前にオークションで入手したジャンクのPC-6001は発見できたので分解して見ることに。
BIOSを吸い出すためにジャンクを購入したんですが、hashiさんのサイトで紹介されている方法ではP6本体が動かないことにはBIOSの吸い出しが出来ない。
なので今回は基板からBIOSのROMを取り出して、ROMライタで吸い出すことにしました。

P6_01.jpg 分解

P6bios01.jpg この2つのROMがBASICROM(ICソケットで取り付けられてます)
IC57とIC58はそれぞれ64kbit(8Kbyte)なので、2つのROMを吸い出して結合すると16KbyteのBASICROM
エミュレータ等で使用する場合は、ファイル名を BASICROM.60 とします
BASICROMの前半部分がD2364C 677で、後半部分がD2364C 678となります

P6bios02.jpg これがCGROM(こちらは基板に直接ハンダ付け)
IC69のD2332C 414が32Kbit(4Kbyte)でエミュレータで使用するときは CGROM60.60 とします。
BASICROMはICソケットなのでそのまま取り外して、CGROMの方はハンダ吸い取り機で基板から取り外します。

P6bios05.jpg とりはずした、BASICROM & CGROM

P6bios03.jpg    P6bios04.jpg
ピンアサインも違うしROMライタではそのまま吸い出し出来ないので、吸い出し用のアダプタを作成。
D2364のデータシートを見ながら、flashromの28C64のピンアサインにあわせてアダプタを作成してます。

P6bios06.jpg ROMライタのTOP2049でデバイスを28C64に設定して吸い出し

WS000007.jpg    WS000009.jpg
ピンが接続されていないとエラーが出るけど読み込みだけなので無視して吸い出しします(^-^;;

WS000002.jpg    WS000003.jpg
CGROMの吸い出したデータのハッシュをチェックしてOKだったので、次はBASICROM
と、ここまでは良かったんですが D2364C 677 のデータだけどうしても吸い出せません…
もしかして起動しないのはBIOSが壊れてるからなのかな??

とりあえず、色々と調べて見ることにしますので続きは次回で…

ACR WEB ブログランキング参加してます

16Mbit版MMC5フラッシュカートリッジにSRAM取付け 

zaksさんに情報をいただいた、スーファミの「サラブレッドブリーダーⅢ」はDIPタイプのSRAMがのってました。

sara00.jpg    sara01.jpg  DIPのSRAM 512Kbit

早速、取り外して先日作成したMMC5フラッシュカートリッジへ取付

SRAM512kbit0.jpg    SRAM512kbit1.jpg 
1,2,3,28,30,31,32ピンを折り曲げて基板に取り付けます
1,2ピンはNCなので何も接続しない。3ピン(A14)と30ピン(A13)は基板裏のW-RAM14,13へ
接続場所は前の記事を参考に…MMC5 フラッシュカートリッジ作成

28ピン(CS2)は+5Vへ接続、32ピン(Vcc)は基板側28ピン(Vcc)へ接続。
31ピン(A15)はスイッチへつないで、Vcc&GNDで切り替えるようにします(256kbit+256Kbitで切り替えて利用する為)

mmc5-16m_01.jpg
32ピンのSRAMを取り付けると、どうしても抵抗が邪魔になるので取り外して裏側に取り付け。

mmc5-16m_02.jpg 配線の説明はザックリですが…完成!!

あとはMDC5と同様に、スイッチの穴をケースに開けてできあがりです。

おまけ ファミコン版AIRデモをMMC5フラッシュカートリッジに書き込んで実機動作

ACR WEB ブログランキング参加してます

ROMライタ用:TSOPアダプタ 

ROMライタ用のTSOPアダプタは結構高くて手が出なかったんですが、ebayで安いのを発見。
あまりにも安いので大丈夫かなと半信半疑で注文。
3 in 1 Programmer Adapter 送料込みで $43.00(3,500円ぐらい)でした。(2週間ほどで到着)
作りは荒い(手作り?)けど問題なさそうです(^-^;;

tsop48-ad.jpg 

TSOP32,40,48ピンに対応していて、一番右がTSOPソケット。
残り2つがそれぞれ、32,40,48ピンの場合に取り付けるゲタみたいなものです。

tsop48-02.jpg MBM29F016A(48pin)を取付
取付は簡単。ソケットは下へスライドさせ、上からデバイスをのせて固定する感じです。

tsop48-03.jpg 48pin用のゲタを取り付けて、読み書き全く問題なし。
TOP2049には16bit版MMC5フラッシュカートリッジで使用した、AM29F016(TSOP40pin)のデバイスには対応していなかったので書き込みは出来なかった…
TSOPデバイスの種類があまり手持ちに無いので未確認もありますが、たぶん大丈夫では無いかと… 
ROMライタによっては対応していないデバイスもあるので、ご注意ください。
もしかするとTOPシリーズのROMライタしか使えないのかな??

これでTOP2049でTSOPデバイスも書き込みできるようになりました~




ACR WEB ブログランキング参加してます

16Mbit[8Mbit切替版] MMC5とりあえず完成  

16Mbitのflashromを使用して作成したMDC5に引き続き、MMC5フラッシュカートリッジも作成。
mmc5_16M01.jpg 
W-RAM-0は512kbitのSRAMが入手できたら取り付けることに。
製作方法はMDC5と同じなので省略します(^-^;;
関連記事:新たに購入したTSOP to DIP変換基板  MMC5 フラッシュカートリッジ作成 【続き】

am29f016b-02.jpg    am29f016b.jpg 
今回は16Mbitの AM29F016B がebayで購入できたのでそれを使用しています。 

flashdevice.nut には下記の記述を追加

 ["AM29F016B_1"] = {
  capacity = 16 * mega, pagesize = 1,
  erase_wait = 8000, erase_require = true,
  retry = false,
  id_manufacurer = 0x01, id_device = 0xad,
  command_mask = MASK_A11
 },
 ["AM29F016B_2"] = {
  capacity = 16 * mega, pagesize = 1,
  erase_wait = 8000, erase_require = false,
  retry = false,
  id_manufacurer = 0x01, id_device = 0xad,
  command_mask = MASK_A11
 },

MMC5-AIR.jpg  ファミコン版AIRデモ
某スレにファミコン版AIRデモをファミコン実機で動作させるためのパッチが公開されていたので、早速書き込んで動作確認。
ACR WEB ブログランキング参加してます

オリジナルプリント基板 

いままで何度か、自作のプリント基板を作成してきましたが毎度毎度うまくいきませんでした…
感光基板をつかってエッチング…パターンがうまく感光できなかったり。

久しぶりに自作基板でも作ってみようかと、色々と検索しているとなかなか良い方法が見つかりました。

早速、必要な物を購入(基本的な工具や材料は揃っているので必要な物だけ) 
lami2.jpg
ラミネーターとプリント用紙

ラミネーターも安くなりましたね、昔は1万以上したと思うけど…
これらを使って、近いうちにテストでプリント基板を作成してみよう。うまくいけばいいけどね~




ACR WEB ブログランキング参加してます