2011 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 06












VRC3 「沙羅曼蛇」専用 フラッシュカートリッジ作成 

めっさつさんが沙羅曼蛇を弄られているということで作成することに(^-^
追記: 沙羅曼蛇AC NEXT 0.4☆ 公開
しかし、現在作成中の沙羅曼蛇はPRGROM:4Mbit(512Kbyte)という事実が発覚し、色々と調べてみるとVRC3は1Mbitまでしか対応していない模様…
これは実機では遊べない(エミュ専用)ということですが、せっかくなので作っちゃいました。

vrc3-01.jpg
沙羅曼蛇はご存じのスケルトンカセット!!カッコイイですねー

スケルトンなので中がまるみえです。
いつもの様に配線してもいいのですが、今回は配線が見えないように気を遣い作成。

vrc3-03.jpg    vrc3-06.jpg    vrc3-07.jpg
使用するflashromはAM29F040Bを1個
いつものように基板とピンアサインが異なる部分を折り曲げて、あとは基板へハンダづけ。

AM29F040Bの A18 , A17 は未使用のため GND へ配線
AM29F040Bの /OE は 基板側 /CE へ配線
AM29F040Bの /WE は エッジコネクタ14pin CPU /RW へ配線
AM29F040Bの /CE は エッジコネクタ44pin CPU /ROMCS へ配線

MASKROM-PIN.png 基板側ピン配置はMASKROM PRGROM(1M)と同じです
このピンアサイン一覧を参考にそれぞれ配線してください


vrc3-02.jpg こちらは改造前の基板  vrc3-04.jpg これが改造後
配線は極力flashromの下に通して配線してます、どうしても見えてしまう部分は基板のパターンに沿って配線をはわせる方法で。

書き込みスクリプトも置いておきます。記述はちょっと自信なしw
とりあえず書き込み、吸い出しは正常に出来てますので… → vrc3.af (拡張子を txt から af に変更してください)


ACR WEB ブログランキング参加してます

MMC5 フラッシュカートリッジ作成 

今まで色々なマッパーのフラッシュカートリッジを作成してきましたが、MMC5(マッパー5)はまだ作成していませんでした。MM5に対応した自作ゲームやハックロムもほとんどなかったので作成してなかったわけですが…
8Mbitのflashrom(MBM29F080 TSOP 40pin)の在庫が発見できたので作成してみることにしました。

MMC5にはの4種類の基板があり、詳細はこちら →
unagi flashmemory-SRAM cartridge hiki

今回はETROMを使用して、さらにW-RAM-0を64kbitから256Kbitへ変更すれば互換性もアップ。
ETROMの基板を使用しているゲームは現時点で判明している光栄のゲーム5本
信長の野望 戦国群雄伝
維新の嵐
水滸伝
ランペルール [ETROM-02]
大航海時代 [ETROM-02]

MMC5は最大で PRGROM:8Mbit CHRROM:8Mbit まで対応しているので、最大容量で作成。
作成方法は他のフラッシュカートリッジとほとんど変わりませんのでピンアサインと写真だけ載せておきます。
たぶん作る人はそんなにいないと思うので、過去記事をみて作成の参考にしてください(^-^;;
もちろんAM29F040B(4Mbit)のflashromでも作成できます。 

■SRAM(W-RAM-0)を64kbit→256kbitへ交換
wram0-01.jpg    wram0-02.jpg 64kbitのSRAMを取り外し
SRAMの256kbit(64256等)はスーパーファミコンのバッテリーバックアップカセットについてますのでそれから拝借。

s-256SRAM02.jpg 1pinと26pinを折り曲げて、あとはそのまま基板へハンダ付けします。

s-256SRAM01.jpg    wram0-03.jpg
SRAMの1pinをWRAM A14へ、26pinをWRAM A13 へ配線すれば完成!
 
8MbitのflashromはほとんどがTSOPタイプなので変換基板が必要です。
ハンダ付けの方法や変換基板の入手先等は過去の記事で…
MBM29F080 とかデバイスの購入先
TSOPデバイスのハンダづけ

MASKROM-PIN.png    mmc5-flash01.jpg  各種ROM・基板側ピンアサインと作成例
※青い部品はセラミックコンデンサ(0.1μF) 画面にノイズが出て安定しなかったので VCC-GND間に取り付け。

せっかくなのでCHRROMに最大容量を使用していて、KZ-Sさんが公開されている ファミコン版AIR をkazzo+anagoで書き込んでみたけれど、残念ながら動作せず。

MMC5_Flash.png 以前作成したMMC5用のラベルも置いておきます

さて次はめっさつさんが沙羅曼蛇を弄られているようなので、VRC3のフラッシュカートリッジでも作成しようかな。
ACR WEB ブログランキング参加してます