2009 051234567891011121314151617181920212223242526272829302009 07












ROMチェックツール 

パソファミのサイトで紹介されていた、「ROMチェックツール」ですがかなり便利そうです(^-^

ファミコン以外にも沢山の機種に対応していますね。

サイトも更新中でまだダウンロードは出来ませんが、是非使ってみたいと思います。

遂に公開されました(^-^

大変見やすくて、とても使いやすいツールです。是非お試しを(^-^

 

GBackUR-BAさんのサイト

ROMチェックツールのへや → http://mrchecker.web.fc2.com/

ACR WEB ブログランキング参加してます

mdc5linker 0.3.0 & mdc5script 0.2.85 リリース  

mdc5linker 0.3.0 & mdc5script 0.2.85 がリリースされました → mdc5 user hiki

 

ダウンロードは左の MDC5リリース情報 からどうぞ。

mdcスクリプトも変更されていますので、ダウンロードしたらすべて上書き保存して下さい。

File → Hashlist output での Hashlist.txt 出力でROM圧縮の記述が増えましたので、出力に時間がかかります。

 

詳しい更新内容はこちら →  mdc5linker 0.3.0

 

◆過去の関連記事

mdc5関連の過去記事は、左のブログ内検索で mdc5 と検索して下さい。

mdc5linker mdcファイルの作り方 【パッチ無し】

mdc5linker 使い方

ACR WEB ブログランキング参加してます

Windows 7 予約販売 

今日から Windows 7 の予約販売キャンペーンが始まったみたいですね。

Home Premiumのアップグレード版が 7,777円、Professionalのアップグレード版が1万4,777円で通常価格の半額で

キャンペーン期間中は購入できるようです。

各所で予約を受け付けていますが、もうほとんど完売しつつありますね…

 

私は、ヨドバシカメラで Professional を予約しました。(Home Premium はすでに完売)

本当は Vista は Ultimate を使っているので Ultimate が欲しいんだけれど、まあ Professional でもいいかなと…

キャンペーン期間中の方が安いし(^-^

アップグレード版ですが、クリーンインストールも可能だろうから問題ないでしょう。

ACR WEB ブログランキング参加してます

mdc5Linker その後… 

mdc5linker はROMゲームのCHRROM圧縮のみの対応でしたが、現在PRGROMの圧縮にも対応出来ています。

これによりより多くのゲームがmdc5カートリッジに入れられるようになります → W-RAM の容量拡張

 

MDC5カートリッジにROMも入れる方は、W-RAMには両方とも256Kbit(62256等)を使うことをオススメします。

可能なら CHRRAM には、1Mbit(628128等) の SRAM、必要ないかもしれませんが今後も考えるなら 4Mbit のSRAM を取り付けましょう。

ディスクのみでMDC5カートリッジを楽しむなら、通常タイプのカートリッジを作成すればOKです。

  

ディスクのゲームも圧縮&展開できれば、さらにゲームも沢山入れられるのですが現在出来るかどうか検討中とのことです。

かなり面倒なので、ディスクの圧縮&展開はリリースされないかもしれません…

新しいバージョンのリリースはもうちょっと先だと思いますが、お楽しみに(^-^

まもなくリリースかも…(^-^

 

◆関連記事

MDC5カートリッジ 8MbitのFlashを取付

MDC5 もう1つ作成

 

グラディウスAC2007 rev0.1 や GraMSX090406 、沙羅曼蛇 TYPE Lord British 参 などもMDC5カートリッジを使って

実機で遊ぶことが出来ますよ。

対応した mdcファイル は自分で作成できます。

該当する mdcファイル の hash をパッチ後のROMイメージの hash に書き換えればOK。

最後まで遊んでいないので、ちゃんと動くかどうかはわかりません(^-^;;

ハックロムの対応に関しては、正式対応ではないのでmdc5サイトへお問い合わせしないようにお願いします。

ハックロムを書き込みたい場合は、自分でmdcファイルを作成しましょう。→ mdcファイルの作り方

graac01.jpg    graac02.jpg    graac03.jpg 

グラディウスAC2007 rev0.1 だらだら瞳☆だいありー

  

gramsx01.jpg    gramsx02.jpg    gramsx03.jpg 

GraMSX090406 FCグラディウスMSX化ipsパッチ

  

sraac01.jpg    saraac02.jpg    saraac03.jpg

沙羅曼蛇 Type Lord British Death☆です

ACR WEB ブログランキング参加してます

グラディウスIIAC Death 0.6 その後… 

先日、グラディウスIIAC Death 0.6 のキャラ化けの記事を書きましたが、解決することが出来ました(^-^

 

めっさつさんからも色々とご助言をいただきありがとうございました <(_ _*)>

  

VRC4フラッシュロムカートリッジは、PRGROM:2Mbit、CHRROM:2Mbit まで書き込めるようになっています。

通常、CHROM が 1Mbit であれば、1Mbit分 書き込めばOKなのですが、今回の Death 0.6 に限っては 2Mbit分

書き込まないとキャラ化けを起こしてしまう事がわかりました。

 

この辺はカセットのまま書き込めるという、フラッシュロムカートリッジの仕様というかその辺で不具合が出てしまった

ようですね。

市販のゲームを書き込んだ場合は、こういった症状は出ませんでした。

 

とりあえずちゃんと正常に動いて良かったヽ(´∇`)ノ

s-vrc4-gra2death01.jpg    s-vrc4-gra2death02.jpg    s-vrc4-gra2death03.jpg

 

ACR WEB ブログランキング参加してます

グラディウスIIAC Death 0.6 

めっさつさんの グラディウスIIAC Death 0.6 が公開されていたので、早速実機で確認してみました。

この前作成した、VRC4 フラッシュロムカートリッジ に書き込んで実機確認。

 

s-gra2acdeath00.jpg  よく見たら KONAMI ロゴも KONMAI になってる…

 

タイトルも変更されてて、それ以外にも Deah 0.5 から色々と変更されてますね(^-^

 

s-gra2acdeath01.jpg  ←実機ではキャラ化け   s-gra2acdeath02.jpg  ←エミュレータではこれ

 

今回、[START]と[GAME OVER]の文字をACっぽく拡大フォントに変更となっているのですが、両方とも残念なことに

実機ではキャラ化けしてしまいます…il||li _| ̄|○ il||l

もしかするとVRC4カートリッジ側に問題があるのかもしれませんが…

最後までクリアは出来なかったので全部は確認できなかったんですが、おかしかったのは文字ぐらいでした。

追記:

とりあえずカートリッジ側には問題なく、書き込み方法を変更すれば正常に表示させることが出来ました

 

ファミコンでここまで出来るっていうのが、やっぱ凄いですね~

ACR WEB ブログランキング参加してます

TSOPデバイスのハンダづけ 

MDC5カートリッジで使用した 8Mbit の MBM29F040 は TSOP の 40ピンなので変換基板を使用しないといけない

ですしハンダ付けが面倒です。

でも、コツをつかめばかなり簡単にハンダ付けが出来るようになりますので恐れることはありません(^-^

色々なやり方はあると思いますが、私が普段やっている方法を紹介します。

※ハンダこてはなるべく先が細い物で、電子部品のハンダづけには15~30Wぐらいの物がいいです。

 

s-tsop01.jpg  右に写っているのは定規で、ひと目盛りは 1mm です( ; ゚Д゚)

こんなのハンダ付けは無理だぁ~とは思わないで下さい。

私だってこれ1つ1つハンダ付けなんて無理ですが、ある程度道具がれば簡単にできます。

 

s-tsop04.jpg    s-tsop05.jpg

ハンダ吸い取り線・無洗浄タイプのフラックスを用意しましょう(ルーペもあると作業がやりやすいです)

 

s-tsop02.jpg    s-tsop03.jpg  

まず変換基板にデバイスをちゃんと合わせて、セロテープで仮止めします。

 

s-tsop07.jpg  仮止めが出来たら、フラックスをデバイスのピンと基板へ塗ります。

 

s-tsop06.jpg  次にハンダこての先にちょっとだけハンダを付けます

ハンダを付けすぎるとハンダブリッジしてしまうので、本当にちょっとだけ付けます(写真はちょっと付けすぎ…)

 

s-tsop08.jpg  ハンダこてに付いたハンダを上から塗っていく感じで、ピンにハンダを付けていきます。

 

2~3本のピンにハンダをのせる感じで、デバイスのピンから基板の外側へ向けてハンダこてを動かしていきます。

上から順番にやっていってください、フラックスが塗ってあるので、すぐにハンダがのっていくと思います。

ハンダが隣のピンとブリッジしても、気にせず全部やっていきましょう。(右下のピンはハンダブリッジしてます)

 

s-tsop09.jpg  ハンダブリッジしてしまったら、ハンダ吸い取り線でハンダを吸い取ります。

 

s-tsop10.jpg  反対側も同様にやって、完成ですヽ(´∇`)ノ

 

最初はちょっと難しいかもしれませんが、なれると数分でハンダ付けが完了します。

本番でやる前に、ジャンク基板などで練習することをオススメします。

ACR WEB ブログランキング参加してます

VRC4 フラッシュロムカートリッジ 

前に unagi 用のフラッシュロムカートリッジを作成していて放置していたので…

今回は、コナミの VRC4 フラッシュロムカートリッジを作成しました。

VRC4 には VRC4a, VRC4b, VRC4c, VRC4d, VRC4e と5種類ありますので、全部に対応できるようにしました。

 

※主なゲームタイトル (今のところVRC4a は対応できていません)←スクリプトの作成ミスでした…

VRC4a : ワイワイワールド2

VRC4b : グラディウス2、ぼくってウパ、レーサーミニ四駆

VRC4c : ゴエモン外伝2

VRC4d : T.M.H.T 1 & 2

VRC4e : パロディウスだ、悪魔城すぺしゃる、クライシスフォース、タイニートゥーンアドベンチャーズ

 

s-vrc4-flash01.jpg  PRGROM には AM29F040B, CHRROM には W29C040 を使用してます

ベースに使ったカセットは、「がんばれゴエモン外伝2」のカセットです。

 

s-vrc4-flash02.jpg    s-vrc4-flash03.jpg    s-vrc4-flash04.jpg  

それぞれに対応したアドレスバス変更をジャンパピンで切り替えるようにします。

こうすれば基板1枚で、VRC4a,b,c,d,e の5タイプに対応できます。(書き込みスクリプトはそれぞれ必要です)

※詳細は unagi 認証サイトの VRC4 に記載されています → 認証サイト VRC4

  

s-gra2ac03.jpg    s-gra2ac01.jpg    s-gra2ac02.jpg

グラディウスIIのハックロムでもある、ひろひろきさんが作成された グラディウスIIAC rev022 をベースにして

現在めっさつさんが作成されている グラディウスIIAC Death 0.5 を書き込んで実機で遊ぶことも可能です。

 

◆関連記事

ファミコンカセット吸い出しツール unagi 【使い方】

「unagi」用 フラッシュROMカセット

Konami VRC4

VRC4対応

ACR WEB ブログランキング参加してます

MBM29F080 とかデバイスの購入先 

FlashRom やその他のデバイスで、比較的在庫もあるサイトを紹介します。

 

企業向けっぽいですが、個人でも購入が可能です → コアスタッフ株式会社

 

ちなみに10個以上で購入すると単価も下がりますよ(^-^

追記:2009.7.7

なんか最近見たら、在庫があるのに値段が倍ぐらいになってる…なんでだ??

8Mbit FlashROM [TSOP] 290円ぐらい → MBM29F080

4Mbit FlashROM [DIP] どちらでもOK → AM29F040-120PC , AM29F040B-120PC

                              ↑売り切れてました… 

そんなに購入する人はいないと思いますが…他の人にも行き渡るように、大量購入は遠慮しましょう(^-^;;

s-mdc5-8m02.jpg     s-mdc5-8m01.jpg

ACR WEB ブログランキング参加してます

ROMライタ TOP2049 購入 

秋月で売っているROMライタですが、32ピンDIPまでしか対応してなくて今までは不便を感じなかったのですが

最近では40ピン以上のROMを書き込んだりする事も必要となってきました…

 

ぽんRevさんの影響もあって、TOPシリーズが便利そうなのでどこで買おうかとネット検索(^-^

国内で購入するより、やはり海外通販が金額も安いのですが、ネックとなるのが英語が出来ない&支払い方法…

 

ebay だと出品者とやりとりしないといけない事もあるのでパス。

支払いも簡単じゃないと駄目なので、Paypal に対応したサイトを探してみました。

…と検索していると、該当するサイトを発見!→ MCUmall Electronic Inc.

 

追記:2009.09.16

かがみさんの情報で、こちらのサイトの方が付属品も多くて安くて送料も0円なのでお得ですね。

http://www.pic16.com/en/wzcapi/top2049.htm

 

でここで販売されている、TOP2049が安くて一応最新っぽいのでこれに決定しました → TOP2049

他にもROMライタ用の変換アダプタも安くて色々揃ってます → 変換基板一覧

とりあえず TOP2049 だけ注文して、送料込みで 17,676円 ($179.99 USD) 、送料が 4,000円 ぐらい。

注文して、1週間ほどでカナダから届きました~

 

s-top2049-03.jpg    s-top2049-01.jpg    s-top2049-02.jpg 

付属品は、説明書(英語)・ACアダプタ・USBケーブル・アプリ&ドライバCDです。

それ以外にも、写真の PLCC-DIP 変換基板(44ピン&32ピン)も付属していました。

 

電源スイッチとかが本体には付いていないので、別につなぎっぱなしでも構わないですが、使わないときはUSBを

抜くとかしないと駄目です。

TOP2005+ との違いは書き込めるデバイスの種類が多いくらいで、機能的には書き込みソフトも同じなので

変わらないですね。

 

あと、Vista ではドライバのインストール時にエラーが出てしまうので、残念ながら使用できないようです…

フォーラムに対応策などが書かれていましたが、うまくいきませんでした。

追記:

その後、ド素人さんより助言をいただきましたが、それでもうまくインストール出来ませんでした…

ROMライタを使用しているノートPCはXPなのでとりあえず問題はないのですが(^-^;;

  

ACR WEB ブログランキング参加してます

RC2C05-99 

ファミコンタイトラー(編集ファミコン)で使用されている RGBPPU RC2C05-99 が出品されていたんですが…

ttp://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f75537546

 

PPU だけで 28,000円越えですよ !!( ; ロ)゚ ゚

ちょっとこの値段にはビックリしました。

 

タイトラーの新品をヤフオクで買うより高いかも…ファミコンのRGB化ってまだ需要があるんですかね?

s-twinfc02.jpg  s-FCRGB01.jpg  s-AN510.jpg  s-rc2c05-99.jpg

ACR WEB ブログランキング参加してます

AR-720FT 

ファミコンとは全く関係ないですが、車関係で久しぶりの購入(・∀・;)

 

s-ar-720ft.jpg  GPSレーダー探知機を購入(^-^

 

3年前にセルスターの製品は購入しましたが、2009年度の新製品が出たということで…

業界初Gセンサー搭載で、トンネルの中でもちゃんと機能するらしいですよ。

最近のレーダー探知機はSDカードでバージョンアップできるんですね~

まぁ、こういうのは何かのための保険ということですね。

 

あ、エボX には時計がついてないので、時計代わりにもなりますよヽ(´∇`)ノ

ちなみにエボXは、ツインクラッチSST GSR High Performance Package です!

ACR WEB ブログランキング参加してます

MDC5カートリッジ 8MbitのFlashを取付 

以前にも紹介しましたが、MMC5 は PRGROM と CHRROM に 8Mbit までのデバイスが使用できます。

MDC5カートリッジへ 8Mbit の FlashRom を取り付けて書き込めるかどうかの検証をしていましたが

書き込めることが出来るようになりましたヽ(´∇`)ノ

 

s-mdc5-8m01.jpg    s-mdc5-8m03.jpg    s-mdc5-8m02.jpg 

 

W-RAM-0 & W-RAM-1 には 256Kbit の SRAM、CHRRAM にも 4Mbit の SRAM を取り付けています。

8Mbit のデバイスは MBM29F080A を使用していますが TSOP 40pin なので変換基板を使用。

 

変換基板は左のリンク集、アイテムラボで購入することが出来ます。(2枚で380円)

ttp://aitem-lab.com/ai_cgi/Pitch_Page.cgi?typ=Detail&i_numb=2000008A

 

配線がかなり面倒ですが、ケースに収めることも出来て書き換えも可能、大容量でゲームもたくさん入ります。

MBM29F080A は 300円弱で購入できるので、変換基板と合わせても500円ぐらい…

そう考えると配線は面倒ですが、8Mbit の Flash を取り付けた方が得かな??

  

現在の unagi では 8Mbit のデバイスには対応していないので、公開されているソースを弄る必要があります。

いずれは正式サポートされると思います…たぶん…(^-^;;

※ unagi での書き込み時間は、8Mbit で4分弱ぐらいです。 

 

追記:

MBM29F080A に対応した unagi client と mdc5script を認証サイトで公開しています。

MBM29F080A のピンアサインなども、公式サイトの製作方法へ追記しました → 公式サイト

正式サポートではないので、使用は自己責任でお願いいたします。

 

追記:2009.06.26

MBM29F080 とかデバイスの購入先

TSOPデバイスのハンダづけ

 

追記:2009.06.21

47ピン PPU /WR の配線箇所です。(47ピンのパターン上であればどこでも構いません)

s-test007.jpg    s-test008.jpg  

ACR WEB ブログランキング参加してます

mdc5linker mdcファイルの作り方【パッチ無し】 

mdc5linker では mdc ファイルがないとゲームが登録できません。

また、ハックロム等でパッチをあてた場合は ROMイメージの hash も変わってきますので、元となったゲームの

mdcファイルの hash 部分をパッチ後の hash へ書き換えることで対応させることも可能です。

片面ディスクゲームやマッパ0のカセットはパッチなしでmdcファイルが作成できますので、その作成方法を簡単に

紹介したいと思います。(例外としてスーパーマリオ2の様なパッチが必要なゲームもあります

 

まず、mdc5linkerの設定をすべて終わらせておいてください →  MDC5Linker の使い方

※mdcファイルを作成したい disk や rom イメージを、mdc5linkerで設定したフォルダへ保存しておく事。

 新しいバージョンでは、Option → Config Path で configファイル の path設定 が出来るようになっています

s-mdc5linker-ha.jpg  次に hashlist を作成します。

 

File → Hashlist outoput でmdcファイルが保存されているフォルダへ hashlist.txt が作成されます。 

そのファイルを開くと、disk & rom イメージの 各hash が分かると思います。

 

追記:2009.07.05

mdc5linker 0.3.1 の仕様に変更

※例:アイスクライマー、ベースボール

F:\mdc5linker\FDS\アイスクライマー.fds

disk1.sideA.hash = d33dfc1db9cf48a869d69824640c06a1a220e974
disk1.sideA.savefilename guessed $12$0c$0e$$19$1b$18$ #0x8000 byte
disk1.sideA.encode.type = CBR,3
disk1.sideA.encode.cbrfile = 0,0x0200 #73.21%
disk1.sideA.encode.cbrfile = 1,0x1000 #59.25%
disk1.sideA.encode.cbrfile = 2,0x0800 #83.70%

F:\mdc5linker\ROM\ベースボール.nes
board.cpu.rom.hash = 91f7d3e4c9d18c1969ca1fffdc811b763508a0a2
board.cpu.rom.encode.type = VBR,0x01
board.cpu.rom.encode.vbrpage = 0x00,0x0800 #90.16%
board.ppu.rom.hash = d5bd643b3ba98846e520b4d3f38aae45a29cf250
board.ppu.rom.encode.type = VBR,0x01
board.ppu.rom.encode.vbrpage = 0x00,0x1000 #62.12%

 

次にメモ帳などで、xxx_xxx.mdc というファイルを作成します(xxx_xxxはゲームの型番です)

※もし型番が分からなければ、適当な英数字でも構いません。

ゲームの型番はディスクであればディスクのラベルに、カセットであればカセットのラベルに記載されています。

 

※ディスク(片面)の場合の記述

scriptversion = 0.02
imagetype = DISK
gamename = アイスクライマー
gamecode = FMC-ICD
biosname = ICE CLIMBER
sidenum = 1
disk1.sideA.hash = d33dfc1db9cf48a869d69824640c06a1a220e974
disk1.sideA.savefilename = $12$0c$0e$$19$1b$18$ #0x8000 byte 

                                  ↑guessed を = に書き直す

※例として記述してますが、アイスクライマーにはセーブデータは無いのでこの1行は必要なし。

disk1.sideA.encode.type = CBR,3
disk1.sideA.encode.cbrfile = 0,0x0200 #73.21%
disk1.sideA.encode.cbrfile = 1,0x1000 #59.25%
disk1.sideA.encode.cbrfile = 2,0x0800 #83.70%

 

※カセット(マッパ0)の場合の記述

scriptversion = 0.02
imagetype = ROM
gamename = ベースボール
gamecode = HVC-BA
biosname = BASEBALL
board.cpu.rom.hash = 91f7d3e4c9d18c1969ca1fffdc811b763508a0a2
board.cpu.rom.encode.type = VBR,0x01
board.cpu.rom.encode.vbrpage = 0x00,0x0800 #90.16%
board.ppu.rom.hash = d5bd643b3ba98846e520b4d3f38aae45a29cf250
board.ppu.rom.encode.type = VBR,0x01
board.ppu.rom.encode.vbrpage = 0x00,0x1000 #62.12%

 

上記の様に記述して、hash等は hashlist.txt からコピペします。

 

imagetype は disk の場合は DISK、 rom の場合は ROM

gamename は mdc5linker の「変換できるイメージ」で表示されるゲーム名

gamecode はゲームの型番 ( 分からなければ適当な英数字でも可 )

biosname はゲーム起動時のゲーム選択画面で表示されるゲーム名です

ひらがな、カタカナ、英数字などが使用できますが、使用できない文字があった場合はmdc5linkerでsyntaxerror と

エラー表示されます。

注意:スペースは半角スペース、英数字は半角で、改行は @ で記述して下さい

その他の詳細はこちらをご覧下さい → mdc script syntax 0.02 - common

 

後はファイルを保存して、mdcファイルがある指定のフォルダへ保存します。

mdc5linker で Rescan すれば作成した mdcファイルのゲーム名が出てくると思います。

 

ACR WEB ブログランキング参加してます