2009 01123456789101112131415161718192021222324252627282009 03












FDSLOADR RAMアダプタ転送 

色々と癖のあるFDSLOADRですが、以下の機能があります。

1:ディスクイメージをディスクに書き込む

2:ディスクからディスクイメージを作成(吸い出し)

3:ディスクイメージをRAMアダプタへ直接転送(ディスクドライブなしで実機で遊ぶ)

 

1 はほとんど成功したという事を聞いたことがありません(^-^;;

2 はパラレルポートがあるPCで可能ですが、PCによっては動作しない事もあります。

3 はパラレルポートがあるPCで比較的動作が可能で、作成も簡単なので今回はこれの制作を紹介します。

 

使用するPCはパラレルポートが付いた、なるべく低スペックのPCを用意して下さい。

私は、セレロン700MHzのノートPCを使用しています。

あとはマザーボードのBIOS設定で、パラレルポートの設定を「双方向」や「EPP」に設定変更しておく事。

ホンコンとかが動いていれば、おそらく問題ないでしょう。

  

まずは下記のサイトの Famicom Disk System Loader からFDSLOADRのファイルをダウンロード

ttp://nesdev.parodius.com/

 

空のフロッピーディスクを用意して、「MS-DOSの起動ディスクを作成する」でフォーマットしておきます。

フロッピーにダウンロードしたFDSLOADRのファイルを解凍してすべて保存します。

自分で吸い出した、転送したいディスクイメージもフロッピーへ保存しておきます。

※日本語のファイル名はダメなので、ファイル名は英語に変更しておく事。

 

次はRAMアダプタを分解し、パラレルポートの25ピンコネクタを取り付ける為にケースを加工します。

見えない部分なので、ケースの上下をザックリと加工( ̄▽ ̄;)

s-fdsloadr_ram01.jpg    s-fdsloadr_ram02.jpg RAMアダプタ基板 と ピン番号

 

パラレルポートコネクタとRAMアダプタ基板を配線図を参考につなぎます。

RAMアダプタケーブルのピン番号RAMアダプタ基板のピン番号は異なるので注意!!

s-fdsloadr_RAMpin.jpg  RAMアダプタ転送 配線図

 

つなぎ終わったら、とりあえず動作確認をやっておきます。

 

PC と RAMアダプタをケーブルで接続します。

最初で作成した、フロッピーでPCをフロッピー起動させて、DOSの画面が出たら…

fdsloadr zelda.fds ← 転送したいファイル名

で FDSLOADR を実行すると、RAMアダプタがちゃんと配線できていれば、自動的にRAM転送モードになります。

s-fdsloadr_ram05.jpg  RAMアダプタ転送モード画面

両面ディスクのディスク切替は、テンキーの[1]でA面、[2]でB面で切り替えて、その後スペースキーを押せば

ディスクが切り替わります。

ゲームを終わるときは、ファミコンの電源を切る前にセーブデータをディスクイメージに保存する必要がありますが

必要なければそのまま電源を切ってもOKです。

保存する場合はファンクションキーの[F4]を押して、ディスクイメージに上書き保存し、終わったらファミコンの電源を

切っても構いません。(このディスクイメージを使ってエミュレータで遊べば、実機での続きも可能です) 

 

ゲーム中にセーブデータを保存した後、ディスクを読み込んだときに失敗?して、エラーが出る場合もあります。

何度かスペースキーを押して読み込ませれば読み込む場合もありますが、大事なディスクイメージはバックアップを

とっておいた方がいいでしょう。

※もし配線も大丈夫なのにうまく起動しない場合は、PCとの相性が悪い可能性もあります…

またFDSLOADRや回路にも問題があるようで、動作しないPCもありまだ不安定です。

 

動作確認できたら、ケースへしっかりと固定する為にまずネジで固定して最後にホットボンドで固めます。

s-fdsloadr_ram03.jpg  で、RAMアダプタの完成!!

s-fdsloadr_ram04.jpg    s-fdsloadr_ram11.jpg    s-fdsloadr_ram10.jpg

ディスクドライブを必要としないRAMアダプタはツインファミコンに挿しても使えますよ(^-^

(この改造をするとRAMアダプタ転送用になりますので予備にジャンクとかを買っておきましょう)

 

◆参考にしたサイト

マカオさんのサイト → こーどねーむ「マカオ」

 

Famicom Disk System Loader

ttp://nesdev.parodius.com/

 

 
ACR WEB ブログランキング参加してます

ツインファミコンのRGB化【その2】 

ツインファミコン後期型(AN-505)のRGB化の続きですが…

 

とりあえず出力端子は、NEWファミコンと同じようにしたいのでジャンクのスーパーファミコンからコネクタを取り外して

RGB出力改造キットをつないでみました。

s-twinfc-rgb01.jpg    s-twinfc-rgb02.jpg    s-twinfc-rgb03.jpg

 

配線はRGBアンプ基板から、R・G・B・GNDが出ているのでこれをスーファミのコネクタへ配線。

SYNC信号はRGBPPUの21ピンから出ていますが、ここからとると画面ノイズが酷いので、ツインファミコンのビデオ

出力端子から信号を取り出し、スーファミコネクタの9ピンへつなぎ直しました。

写真ではPPUの21ピンから配線していますが、これでたぶん…大丈夫です(・∀・;)

スーファミコネクタの3ピンが、SYNC信号なのですが、ここへ配線しても映りませんでした…何でだろ??

音声はツインファミコンの音声出力端子から線をひっぱって、11ピンと12ピンにつなげばOKです。

 

この改造をするとRGB専用機になりますが、以前ご紹介した「マルチAV出力改造キット」を使用して配線をすれば

Sやビデオ、RGBとマルチ対応に改造も可能ですね。

s-sfc-acon.jpg    ◆スーファミ端子のピンアサイン

 

1:R   2:G   3:CSYNC   4:B

5:GND   6:GND   7:Y(S端子用)   8:C(S端子用)

9:Video(CSYNC?)

10:+5V

11:Audio-L  12:Audio-R

 

s-twinfc-rgb06.jpg    s-twinfc-rgb08.jpg  バッチリと表示できました(^-^

 

ツインファミコンの基板とPPU基板の接続は、ユニバーサル基板で下駄?を作成してます。

s-twinfc-rgb05.jpg    s-twinfc-rgb04.jpg

下駄を作ったのは、ICソケットで高さが増してカセット投入口のカバー?に当たってしまう事とRGB出力改造キットの

PPUの向きが逆という事の対応策です。

s-twinfc-rgb09.jpg カセット投入口のカバーに当たってしまう…

 

実際にPPUがあった場所より距離があるのでノイズとかその辺が気になりましたが、結局はRGB信号をPPUから

取り出すのであまり関係なさそうです…たぶん…

 

これでツインファミコンでのRGB環境も整いましたヽ(´∇`)ノ

あとはスーファミのコネクタを、ツインファミコンのケースに穴を開けて固定するだけですね。

穴あけは時間がかかるので、完成したらまた次回にでも紹介します。

 

NEWファミコンとツインファミコン後期型(AN-505)とRGB画質を比べると、ツインファミコンの方が縦縞が目立たなく

かなり綺麗に見えますね。(この辺は個体差があるとは思いますが…)

唯一残念なのは、RGBのPPUが1個しかない事とRGBアンプ基板も1個しかないことですね…

なのでICソケットで差し替え可能にした訳です( ´艸`)

 

◆参考にしたサイト

ttp://nfggames.com/forum2/index.php?topic=1592

 

ACR WEB ブログランキング参加してます

ツインファミコンのRGB化 

NEWファミコンのRGB化はよく聞きますが、ツインファミコンのRGB化はあまり聞かないなと…

 

ということでツインファミコンをRGB化する為、色々と考えている途中です(^-^

 

s-twinFC01.jpg  ツインファミコンのPPUを外して、ICソケットを取付

 

s-twinfc02.jpg NEWファミコンで使用している、「マルチAV出力改造キット」を置いてみる…

 

ツインファミコンにはスペースがあるのでアンプの内蔵も可能ですが、ユニバーサル基板にアンプ回路を組むか

NEWファミコンのRGB化で使用している、マルチAV出力改造キットをそのまま使えるようにするか…

どっちにしようか迷っています。

 

RGB対応のPPUを元の場所から離れて配線をするので、ちゃんと動作するのか不安ですが…

とりあえずやってみようと思います。

だめだったら、ユニバーサル基板上にアンプ回路を組みますかね(^-^;;

 

 

ACR WEB ブログランキング参加してます

NES Cart Database 

NES Cart Database

ttp://bootgod.dyndns.org:7777/home.php

 

昨年末にご紹介したこちらのサイトですが、最近リニューアルされていました。

カセットの購入やフラッシュロムカセットの選定などに頻繁に利用しています。

 

カセットの情報も前より詳しく紹介されていて、以前日本語では検索できなかったのですが、なんと日本語検索も

可能となりさらに便利になりました(^-^

 

日本人の訪問者が多いんでしょうかね~ 

ACR WEB ブログランキング参加してます

フラッシュロムカセット 

最近はフラッシュロムカセットを作成するのに、使用するカセットをどれにするのか調べてます。

 

s-jaleco01.jpg    s-jaleco02.jpg 

s-jaleco04.jpg    s-jaleco05.jpg

どちらもジャレコのSS88006のチップを使用した、マッパー18のカセットです。

燃えプロ’90は拡張音源で音声合成を使用していて、基板の構成も違いますね。

 

試しに、燃えプロ’90にフラッシュROMをつけて「じゃじゃ丸」を書き込むと音声がかなり小さくほとんど聞こえません。

そこで、燃えプロ’90で音声合成に使われていると思われる NEC D7756C につながっている配線をカットすると

音声も正常な音量になりました。

逆に、じゃじゃ丸の基板に燃えプロ’90のデータを書き込んでみると、音声合成は全く聞こえません。

 

ベースとして使うなら燃えプロ’90の様な音声合成を使用しているゲームで、音声はスイッチを付けて切り替える

方法しかなさそうですね。

 

次はサンソフトですが…

s-sun-fme701.jpg    s-sun-fme702.jpg    s-sun-fme703.jpg

 

サンソフトのマッパー69のカセットはどれも入手しにくいカセットですが、比較的入手がしやすく安価で購入できる

バーコードワールドを選びました。

 

この基板は、使用しているチップはFME-7でバッテリーバックアップ内蔵です。

拡張音源は搭載されていないですが、ギミックも書き込めば動きますのでベースには最適だと思います。

 

贅沢を言えば、ギミックを加工して作成したいですがこればっかりは勿体ないのでヤメです(^-^;;

ACR WEB ブログランキング参加してます

namco #19 

ド素人さんのご協力により、namcot マッパー19には4種類のチップがあることがわかりました(^-^

マッパー19のカセットはほとんどが黒ポッチROMなのですが、よくこれだけ見つけましたね…

ありがとうございますm(_ _)m

今まで発見したのは前回の163,175ですが、今回新たに129340というチップが出てきました。

 

s-namco129-02.jpg    s-namco129-03.jpg

スターウォーズのチップは [129]

 

s-namco340-05.jpg    s-namco340-02.jpg    s-namco340-03.jpg 

ファミスタ’93のチップは [340]

 

他にも黒ポッチじゃないROMタイプのカセットで… 

s-namco340-04.jpg    s-namco175-03.jpg    s-namco340-01.jpg 

  ファミスタ’92 [340]     ちびまる子ちゃん [175]     トップストライカー [340]

 

まだ他にもあるかもしれませんが…これだけあるんですね~

それぞれにフラッシュROMをつけて互換性があるのか調べてみたいですが、大変そうだ(^-^;;

340とかは上位互換で全部行けちゃうとか…拡張音源とかもあるのかなぁ…

ACR WEB ブログランキング参加してます

ネタがないので… 

ネタがないので、もう一つの趣味の車弄りでも…

 

愛車は三菱の「ランサーエボリューションX」です(^-^

サーキットとかで走ったりしませんので、エボ好きな町乗りオンリーのドライバーです(^-^;;

購入してもう1年がたちました…マフラーも変えたし、内装も色々弄ったし…

 

メーター類のLEDの打ち替えとかも、電子工作やっているとこういった知識は車の電気系統にも役に立ちますよ。

 

あと今日は買い忘れていた「エボマガ」を買いに行ってきました。

今回はニットグローブが付録で付いてきた(^-^

s-evox01.jpg    s-evox02.jpg  

 

今度はホイールかえたいなぁ…

 

 

 

あとファミコンネタを…

  

これは、SUNSOFTのドッジ弾平をばらした基板です。

s-fme7-03.jpg   s-fme7-01.jpg    s-fme7-02.jpg  FME-7となってます

マッパー69のSUNSOFTカセットには、SUNSOFT 5A、SUNSOFT 5B、FME-7と3種類あって3種とも互換性が

あるようですね。

 

ちなみに、ギミックはSUNSOFT 5Aに拡張音源を追加したSUNSOFT 5Bです。

SUNSOFT 5Bが使用されているのは、ギミックだけらしいですが本当に他にはないのかな???

どこにも情報がないのですが、もしかするとSUNSOFT 5Aも拡張音源が搭載されているかもしれませんね…

追記:2009.07.14

なんと、ギミック以外にもドッジ弾ペイに SUNSOFT 5B が使われていたようです。

もしかすると、ギミック発売以降のゲームには SUNSOFT 5B が搭載されている可能性は高いですね(^-^

 

ACR WEB ブログランキング参加してます