2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11












FDS Writing extension for TapeDump【ソフト編】  

前回の続き 【ソフト編】 です

使用できるパソコンはパラレルポートがついたパソコンであればOKなはず
FDSLOADRほどの相性問題は無いと思いますが、手持ちのノートパソコン3台の内2台は動作が不安定でした
何度か操作していると動き出して、一度動き出せば後は大丈夫という感じ…
パラレルポートの設定はBIOS設定などで「双方向」「EPP」にしておいてください
FDSLOADRやホンコンが動作しているなら問題ないと思います

NesDev.com
FDS Writing extension for TapeDump
中程にある TapeDump_FDS_Writer_Beta.zip をダウンロードしておいてください。
適当なフォルダに解凍して、その他必要なファイルを集めます。

DTVTrans cable のサイト
Daniel Kahlin Software-C64DTV
こちらのサイトにある dtvtrans-1.0.zip と directio_fixed.zip をダウンロードします。
dtvtrans-1.0.zip を解凍して、binフォルダ内にある dtvtrans.exe をTapeDump_FDS_Writerの
[DTVTrans_Scripts]フォルダ内にコピー

directio_fixed.zip を解凍して install_giveio.bat を実行し giveio.sys をインストール
続けて install_totalio.bat を実行して totalio.sys をインストール

http://nezplug.sourceforge.net/
こちらのサイトから bincut2.1.zip をダウンロード
解凍したら bincut2.exe を システムドライブの[Windows]フォルダへコピー 

WS000016.jpg 

これで準備は完了です。
今後の操作はすべて TapeDump_FDS_Writer の[DTVTrans_Scripts]フォルダ内で行います。
書き込みたいファイルはすべて[DTVTrans_Scripts]フォルダ内へコピーしておいてください。(日本語ファイル名OK) 
基本的な操作は、書き込みたいディスクイメージをドラック&ドロップして SPLIT_SENDALL.bat へ放り込みます。
それ以外のバッチファイルは単機能用で SPLIT_SENDALL.bat は全部まとめたバッチファイルの様です
とりあえずは TAPEDUMP.FDS をコピーしておいてください。

まずはTapeDump(v1.5A)のディスク版を作成します。
作成しなくてもディスクの書き込みは可能ですが、実機側の作業がかなり面倒で成功率も低いです。
前回の TapeDump 同様に TapeDump(v1.5A)のカセットを作成します。 
マッパ0またはマッパ3のフラッシュカートリッジを使ってkazzoで書き込むか、ROMライタでEPROMに書き込んでROMカセットを作成してください。 (NES PowerPakや EverDrive N8 でも可能です)

【ハード編】で作成したケーブルをそれぞれファミコンの拡張コネクタ、パソコンのパラレルポートへ繋ぐ
パソコンは起動して操作できる様態にしておく

fdstape01.jpg    fdstape05.jpg   TapeDump_Disk.jpg 

ツインファミコンの方が成功率が非常に高いのでツインファミコンでの操作方法です。
一度TapeDumpのディスク版を作成すれば、以下の面倒な操作は必要なくなります。

1:ディスクにスイッチを切り替えて電源を入れる
2:画面が出たら、電源を入れたままカセットにスイッチを切り替える
3:電源を入れたまま、TapeDump(v1.5A)のカセットをさし込む
4:リセットを1回押す(TapeDumpの正常な画面が出ていなければ1からやり直し)
5:*PAR* WRITE FDS を選択して、Aボタンを押す
6:電源を入れたまま、カセット取り出しボタンでカセットを抜く
7:電源を入れたまま、ディスクにスイッチを切り替える
8:Aボタンを押すとTEST RAM ADAPTOR で画面が正常になります
9:背景の色が変化していればちゃんと動作しています
10:スタートボタンを押して書込待機、パソコン側の操作待ちにします
11:ディスクドライブにTapeDumpを書き込む空ディスクを入れておきます
12:パソコン側で TAPEDUMP.FDS をドラック&ドロップで SPLIT_SENDALL.BAT へ放り込む
13:正常に動作していれば、データの転送が始まりディスクの書込も始まります  
14:ファミコン画面上に書き込んでいるファイルが表示されていきます(表示されなければやり直し)
13:パソコン、ファミコン側が正常に終了すれば、ディスク版TapeDumpの完成

tdfds01.jpg    tdfds02.jpg

tdfds03.jpg    tdfds04.jpg 

tdfds05.jpg    tdfds06.jpg 

書込が正常に行われていれば、ファミコン画面で書き込んでいるファイル名が表示されます
接続したパソコンによっては動作が不安定なので、ファミコン側の電源を切ったり、何度も操作をやり直してみてください。ディスク版のTapeDumpが無事完成したら、通常通りディスクTapeDumpを起動させてパソコンで操作、書込となります。

ファミコンとパソコンの画面を見れば問題ないと思いますが、両面ディスクの場合は片面の書込が終わればパソコン側は操作待ちになるので、ファミコン側でスタートボタンを押して書込待機状態にしディスクを裏面に交換。
パソコン側で何かキーを押すとデータ転送が始まります。

書込以外にも色々と機能があるようなので後々紹介したいと思います。
ちなみにBボタンを押せばイメージデータだけ転送してゲームが起動するようですが、ゲーム中にディスクを読みに行くソフトは遊べません(両面ディスクもセーブも不可)
 
ACR WEB ブログランキング参加してます

FDS Writing extension for TapeDump【ハード編】 

1年前にTapeDumpというカセットやディスクを音声信号(ピーガー音)に変換して吸い出すというツールを紹介しましたが、今回はそのTapeDumpを使用してディスクへ直接書き込む事ができる様になりました。
FDSイメージをそのままディスクへ書き込みできるので、書込方法はとても簡単です。 

NesDev.com
FDS Writing extension for TapeDump
こちらで紹介されているケーブルを作成して、動作確認してみました。
パソコンのパラレルポートとファミコンの拡張コネクタを繋ぐケーブルです。
公開されているソフトもダウンロードしておきましょう。
中程にある TapeDump_FDS_Writer_Beta.zip をダウンロードしておいてください。

DTVTrans cable のサイト
Daniel Kahlin Software-C64DTV

使用した部品は以下の通り…
ショットキーバリアダイオード x 5
参考購入先
Dサブコネクタ 25ピン(メス) x 1
参考購入先
Dサブコネクタ 15ピン(メス) x 1 参考購入先
ユニバーサル基板 x 1
パラレルケーブル x 1
配線少々

完成写真(まだ綺麗に作ってないのでこんな感じ)
fdstape02.jpg    fdstape01.jpg    fdstape04.jpg    fdstape05.jpg
それほど難しくありませんので配線図通りに配線して完了 (D2,RST* は15ピン側には接続しません)
ファミコンの拡張コネクタに挿す15pinコネクタをどうするかですが、私はジャンクから拝借。
Dサブコネクタを利用するなら、奥まで刺さらないのでコネクタの加工が必要です。
あとG-takeで販売されている FC/NG用延長ケーブル なら使えると思います。

ショットキーバリアダイオードは下記のように配線します(2ピンは未使用)
3ピンがパラレルポート側になります
s-BAT54.jpg s-DSUB15.jpg      
拡張コネクタ側のピン番号は右(1ピンはGND)

これでハード側は完成 次は使い方の【ソフト編】 へ
ACR WEB ブログランキング参加してます

TapeDump【その後】 

以前紹介した TapeDump ですが、NesDevを見ているとTapeDumpをディスクの書き込みに対応させているようなので、ちゃんと動作するのかわかりませんが作成してみようと思います。
記事は後日作成。

NesDev.com
FDS Writing extension for TapeDump

あと公開されているファイルの中にTapeDumpのディスク版(FDSイメージ)が入ってます。
TAPEDUMP_002.png
これを実機で動かす環境があれば、カセット版で面倒だった抜き差しも無くディスクの吸い出しが出来ますよ。
ACR WEB ブログランキング参加してます

TapeDump【DiskBios】 

安定して吸い出せるようになってきたので色々と試してみました。

まずはディスクシステムのBIOS吸い出し
特に何てことは無く、RAMアダプタをNROMで吸い出します。
出来たROMイメージ(NROM PRG:32k+CHR:8k)は、TapeDumpのプログラムも混ざっているのでBIOS部分だけ取り出します

NESヘッダが付いているので、BIOSデータは 6010~800F (8Kbyte) までとなります 
diskbios_0a.jpg 
diskbios_0b.jpg   
 
バイナリエディタなどでこの範囲を切り取って保存(disksys.rom)しましょう。
これでディスクシステムの disksys.rom が取り出せました。

同様にツインファミコンのBIOSも吸い出せます
カセットにスイッチを切り替えて、TapeDumpのカセットを挿し電源を入れる
NROM、2400bpsを選択してTapeDumpのカセットを抜きます
そのままディスクへスイッチを切り替えて、STARTボタンを押して吸い出し開始。
吸い出したROMイメージをBIOS部分だけ切り出せばOKです

twin_bios.png

ちゃんと吸い出せているかはエミュレータ等で確認してみてください




ACR WEB ブログランキング参加してます

TapeDump【ディスク】 

カセット吸い出しはうまくいくものの、ディスクはRAMカセットの差し替えでほとんど失敗してしまいます。

ディスク吸い出しの場合は、ツインファミコンを使用した方がうまくいきましたのでその方法を。

tapedump02.jpg

1:ディスクにスイッチを切り替えて電源を入れる
2:画面が出たら、電源を入れたままカセットにスイッチを切り替える
3:電源を入れたまま、TapeDumpのカセットをさし込む
4:リセットを1回押す
5:FDS DISKSを選択して、Aボタンで2400bpsに設定
6:電源を入れたまま、カセット取り出しボタンでカセットを抜く
7:電源を入れたまま、ディスクにスイッチを切り替える
8:スタートボタンを押すと、画面が真っ暗になって吸い出し開始(ディスクを読みにいく)
9:同時にパソコン側で録音開始
10:「ぴーがー」音が出る
11:画面が切り替わって、吸い出し完了
12:そのままディスクを入れ替えてスタートボタンを押せば、続けて吸い出し可能



ACR WEB ブログランキング参加してます

TapeDump 

TapeDumpは結構前から公開されていましたが、ディスクの吸い出しも出来る様なので試してみました。
TapeDumpのサイトはこちらから→Tape Dump instruction manual

まずはROMカセットを作成する必要があります。
TapeDumpのプログラム(ROMイメージ)をダウンロードしてマッパ0のカセットに書き込みます。
マッパ0またはマッパ3のフラッシュカートリッジを使ってkazzoで書き込むか、ROMライタでEPROMに書き込んでROMカセットを作成してください。 (NES PowerPakでも可能です)

吸い出しカセットが完成したら、ファミコンで動作確認
tapedump01.jpg

吸い出したいカセットの種類を選んでAボタンを押す(ディスクの場合はFDS DISKS)
tapedump02.jpg

Aボタンで吸い出すデータの転送速度をを選択します。背景の色が変わります(今回は2400bpsを選択)
tapedump03.jpg

次に電源を入れたままカセットを抜く(出来るだけすばやく)
そうすると、うまくいっていれば背景の色が変わりつづけています
 tapedump04.jpg

次に吸い出したいカセットを電源を入れたまますばやくさします
うまくいっていれば背景の色が変化しつつ、画面上のキャラが吸い出したいカセットの物になっている
 
ここまで大丈夫であればスタートボタンを押します
画面が真っ暗になり、なつかしの「ぴーがー」が聞こえれば成功しているはずです
吸い出しが終了すれば、吸い出す前の状態に戻ります
基本的なやり方がわかれば、実際に吸い出すために音声の接続をやりましょう

音声はTVのイヤホン端子から直接PCのマイク端子へ接続して、PCで録音します
ファミコンの無音時に出ている独特のノイズ(ブーンという音?)が大きいとうまくいかないようです。
音がひどい場合はNEWファミコンを使用するか、2コンのマイクボリュームをクリーニングしたりしてみてください
(2コンのコネクターを本体基板から抜いてしまうのも1つの手です)


録音ソフトは「ぽけっとれこーだー」を使用しました
録音設定は 2400bpsの場合 44100Hz 8ビット モノラル で行います
スタートボタンを押すと同時に録音開始。
録音が出来たら、適当な名前を付けてファイルを保存します
次にwavファイルをバイナリファイルへ変換します
ソフトはサイトでも紹介している KCS v0.8

コマンドプロンプト上又はバッチファイルを作成して実行します
■例
カセットなら
KCS -B2 -G2 -F10 rom.wav test.nes
ディスクなら
KCS -B2 -G2 -F10 fds.wav test.fds

完成したROMイメージをエミュレータ等で実行して確認します
ディスクを吸い出した場合、すべてが両面ソフトとしてヘッダ作成されるため片面ソフトの場合は画像の反転部分が
02になっているので01に修正します
tapedump05.jpg 

抜き挿しの時、ROMカセットではそれほど失敗しないと思うのですがRAMアダプタは高確率で失敗します
RAMアダプタを挿してうまくいった場合は、スタートボタンを押した後ディスクアクセスが始まります
何度も挑戦してみてください。
ディスク吸い出しの場合は、1度成功すればその後は何度でも吸い出し可能なので一気にやってしまいましょう
TapeDumpはハッカー系やアイツー系以外のディスクであれば吸い出しは可能です。

今回TapeDumpは電源を入れたまま行うので、ファミコンやカセットが壊れても知りませんよw

ACR WEB ブログランキング参加してます