2016 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 01












ファミコン フラッシュカートリッジ専用 TSOP-DIP変換アダプタ 【CHR-RAM対応】 

FC用TSOP-DIP変換基板の表バージョンはCHR-RAM対応にすることが出来ます。
※PRGROM側にSRAMを取り付けて W-RAM として利用することは出来ません(未対応です)
ファミコン フラッシュカートリッジ専用 TSOP-DIP変換アダプタ の記事の続きです。

MMC1やMMC3などでCHR-ROM/RAM両対応にする方法です。
以前紹介した記事も参考にしてください → 
MMC3フラッシュカートリッジ CHR-ROM&RAM両対応

まずは変換基板にFlashROMとSRAMをハンダ付けします
SRAMは秋月の 
SRM2B256SLMX55 を使用します
FC_TSOPDIP26.jpg   FC_TSOPDIP24.jpg   FC_TSOPDIP23.jpg    

変換基板のSRAM側の SRAM VCC を忘れずにジャンパしておきます。
コレをつながないとSRAMに電源供給されません。
FC_TSOPDIP21.jpg 

細ピンヘッダをハンダ付け。A18/A17-C でジャンパ、/OE-C でジャンパします。
これで FlashROM は 2Mbit、/OE は CHR MASK-ROM の /OE 配線になります
FC_TSOPDIP22.jpg  

カセット基板に変換基板をハンダ付け。
終わったら、/WE の SRAM-Flash をジャンパしてそのままエッジコネクタの 47pin(PPU R/W)へ配線。

後はCHR-RAM/CHR-ROMを切り換えるためのスイッチを取付ます。
変換基板の Flash/CE からスイッチ左へ、SRAM/CE の [S] からスイッチ右へ。
スイッチ中央に Flash/CE の [C] から配線し、写真の様に10kΩでスイッチの両端にプルアップ配線で完了。
FC_TSOPDIP20.jpg   FC_TSOPDIP27.jpg 

変換基板のR1,R2へチップ抵抗[0603]10kΩを取り付ければプルアップ配線は必要ありません。

これでCHR-RAM/ROM両対応のフラッシュカートリッジが完成します。


ACR WEB ブログランキング参加してます

ファミコン フラッシュカートリッジ専用 TSOP-DIP変換アダプタ 

何名かの方には無料でお配りした、ファミコンのフラッシュカートリッジ作成用の変換基板。
FC_TSOPDIP01.jpg 

秋月で販売されている 
MX29F040TC を使って、フラッシュカートリッジを作成しやすくする為に極力配線をしないでいいように作成したTSOP-DIP変換アダプタです。1Mbit以上の容量が使えるカセット(マッパー)で使用可能です。
※MMC5や一部のカセット(マッパー)にはピンアサインが異なるためそのままでは使用できません。
MMC5, SUNSOFT(MAP#69) 等…
下記のMASROMピンアサイン表のMASKROM(PRH&CHR)と同様のピンアサインのカセットが利用可能です。

MMC5の場合は海外で販売されている変換基板がそのまま利用できます。→ 
新たに購入したTSOP to DIP変換基板 


■MASKROMピンアサイン表
MASKROM-PIN.png 

変換基板のジャンパピン P は PRG、 C は CHR の意味です
P  CE-C:CE を CHR のピンアサインに変更。PRGの場合は CE から
エッジコネクタの44pin(CPU /ROMCS) に配線。
P-OE-C:OE を PRG と CHR のピンアサインに変更。
P-A18-C:P-A18 でジャンパすれば 4Mbit、A18-C でジャンパすれば 2Mbit になります。
※追記:2016.12.09
表バージョンはCHR-RAMに対応するため仕様変更しました。
シルクの表記は変わりましたが使用方法の変更は特にありません。

FC_TSOPDIP10_2016120917232679c.jpg   FC_TSOPDIP11_201612091723278ba.jpg 
FlashCE-C:FlashCE-CでジャンパすればCE を CHR のピンアサインに変更。
PRGの場合は FlashCE から
エッジコネクタの44pin(CPU /ROMCS) に配線。
P-OE-C:OE を PまたはCへジャンパすれば PRG または CHR のピンアサインに変更。
P-A18/A17-C:P-A18 でジャンパすれば 4Mbit、A17-C でジャンパすれば 2Mbit になります。
WE SRAM-Flash:SRAMを使用する場合はSRAM-FlashでジャンパすればSRAMとFlashROMのWEを共通にします。
SRAM CE S-C:SRAM単体で使用するときのみS-Cでジャンパします(使用することは無いと思います)
R1,R2:プルアップ抵抗用(10kΩのチップ抵抗を取付)CHR-ROM/RAM両用にする場合に使用。
※CHR-RAMの使用方法は別記事で紹介します。
記事はこちら → 
ファミコン フラッシュカートリッジ専用 TSOP-DIP変換アダプタ 【CHR-RAM対応】

■表バージョン (MMC3のフラッシュカートリッジ作成を例に)
※表バージョンはカセットのMASKROMを取り外してハンダ付けします。
細ピンヘッダとMX29F040TCをハンダ付けしたらMASKROMを取り外した基板に全ピンをハンダ付け。
MMC3はPRGが最大4Mbit、CHRが最大2Mbitなので、PRG側変換基板のA18は P-A18 でジャンパする。
PRG側
は変換基板の P-OE, P-A18 をジャンパでショート。
変換基板の CE(FlashCE) から エッジコネクタの 44pin(CPU /ROMCS) に配線。
変換基板の WE(WE Flash) から エッジコネクタの 14pin(CPU R/W)に配線。
CHR側は変換基板の CE-C(FlashCE-C), A18-C(A17-C), OE-C をジャンパでショート。
変換基板の WE(WE Flash) から エッジコネクタの 47pin(PPU R/W)に配線。
配線は3本だけでMMC3フラッシュカートリッジは完成です! 

FC_TSOPDIP04.jpg   FC_TSOPDIP07.jpg   FC_TSOPDIP06.jpg   FC_TSOPDIP05.jpg 

■裏バージョン (MMC1のフラッシュカートリッジ作成を例に)
※裏バージョンは某氏が発案した方法で、MASKROMを取り外さずに裏にハンダ付けする方法です。
変換基板にMX29F040TCをハンダ付け。
MASKROMの裏側へ取り付けるので、カプトンテープなどで絶縁しておく。
※PRG-ROMが1Mbit(28pin)の場合は基板の 1pin, 2pin がつながっていないのでハンダを吸い取っておく。
変換基板をそれぞれのMASKROMの裏側にハンダ付け。
※PRG-ROMが1Mbit(28pin)の場合は先ほどハンダを吸い出した1pin, 2pin を変換基板の 1pin, 2pinと配線でつなぐ。
MMC1はPRGとCHRとも最大2Mbitなので、PRG側変換基板のA18は A18-C でジャンパする。
PRG側は変換基板の P-OE, A18-C をジャンパでショート。
変換基板の CE から エッジコネクタの 44pin(CPU /ROMCS) に配線。
変換基板の WE から エッジコネクタの 14pin(CPU R/W)に配線。
CHR側は変換基板の CE-C, A18-C, OE-C をジャンパでショート。
変換基板の WE から エッジコネクタの 47pin(PPU R/W)に配線。
MASKROMを無効にするため、PRG&CHR-ROMの/CEをプルアップする。
PRG-ROMは22pin(/CE)の足をカットして基板から切断、30,31,32pin(Vcc)のどれかに配線。
CHR-ROMは31pin(/CE)の足をカットして基板から切断、32pin(Vcc)へ配線。
以上でMMC1フラッシュカートリッジが完成!

FC_TSOPDIP08.jpg   FC_TSOPDIP13.jpg   FC_TSOPDIP10.jpg   FC_TSOPDIP16.jpg   FC_TSOPDIP15.jpg   FC_TSOPDIP09.jpg   FC_TSOPDIP11.jpg   FC_TSOPDIP12.jpg 


ACR WEB ブログランキング参加してます

基板頒布のお知らせ 

下記の基板頒布を行っています。
※基板頒布終了後はこの記事を削除しますので、ご質問等は各基板の記事へお願いします

リンク先の注文フォームよりご注文(ご予約)ください → 
基板頒布注文フォーム

今回も受注生産(受注→部品発注→作成→発送)となりますので、発送までにお時間がかかります。
送料は別途必要となります。
詳細はメールで返信させていただきますのでよろしくお願いいたします。

頒布基板の在庫数(2016.12.10 現在)
RGBPPU(RC2C05-xx & RC2C03)対応アンプ内蔵基板 x 在庫 10個   
NES-P6(ATARI互換)ジョイスティック変換基板 x 在庫 5個
赤白ファミコン用 NESRGB AVマルチ基板(キット) x 在庫 終了(次回頒布未定)
TENGEN#64 フラッシュカートリッジ基板(基板のみ)
x 在庫
終了(次回頒布未定)
戦士のカートリッジ基板完成品(TSOPソケット無し) x 在庫 終了(次回頒布未定)
PC-6001カートリッジ吸い出し基板(Kazzo & ROMライタ用) x 在庫 6個 部品不足で一旦終了


nesrgb-av16.jpg   NES_HD18.jpg   P6-senshi01.jpg  nes2p6joy_03.jpg  RGBPPUPCB_04.jpg  P6-NES.jpg

各基板の説明はブログ記事にしていますのでご確認ください。

赤白ファミコン用 NESRGB AVマルチ基板 


NES-P6(ATARI互換)ジョイスティック変換基板 


RGBPPU(RC2C05-xx & RC2C03)対応アンプ内蔵基板 


PC-6001カートリッジ吸い出し基板(Kazzo & ROMライタ用) 


PC-6001シリーズ用 戦士のカートリッジ基板 


TENGEN#64 フラッシュカートリッジ基板 作成 

ACR WEB ブログランキング参加してます

赤白ファミコン用 NESRGB AVマルチ基板 

3年前にNESRGBを赤白ファミコンに取り付けたのですが、電源ユニット&AVマルチ部分はユニバーサル基板で自作していました。NESRGB取付記事 → NESRGB【赤白ファミコンに取付】

nesrgb-012.jpg   nesrgb-020.jpg   nesrgb-015.jpg 
今回は基板を作成して作り直すことに…
電源回路と音声出力(某HACKER製に使われていた疑似ステレオ回路)を組み込んだ簡単な基板です。
7805等の三端子レギュレーターは使用せず、DC-DCコンバーターのOKI-78SR-5 を使用してますので放熱板は必要ありません。
NESRGB用に設計してますが、赤白ファミコンの他の改造にも利用できると思います。
nesrgb-av12.jpg 
※頒布内容
nesrgb-av16.jpg 

■赤白ファミコン用 NESRGB AVマルチ基板(キット)
1:赤白ファミコン用 AVマルチ基板 x 1
2:部品一式(※SFCのAVマルチ端子は付属しません

SFCのAVマルチはスーパーファミコン等ジャンク品から取り外してください。

■赤白ファミコン用 NESRGB AVマルチ基板のみ
1:赤白ファミコン用 AVマルチ基板 x 1

頒布ご希望の方はこちらから → 基板頒布のお知らせ
申し訳ありませんが頒布は終了しました。

■組立説明
まずはAVマルチコネクタ部分の本体加工をします。CH1-CH2 の取り付け穴の左側を基準にして右へ加工
実際に基板にコネクタを固定して、合わせながら少しずつ削っていくと綺麗に出来ます
(加工部分の寸法を記載しておきますが目安としてください 横:22.5cm x 縦:11.5cm)
nesrgb-av07.jpg   nesrgb-av08.jpg 
DCジャックとAVマルチコネクタを仮止めして、実際にコネクタを合わせながら本体を加工。
AVマルチの左側のネジ止め部分は邪魔になるの写真の様にカットしてください。
DCジャックの位置が合わない場合は端子をカットして位置調整をお願いします。
nesrgb-av01.jpg   nesrgb-av17.jpg 
DCジャックとAVコネクタの位置が問題なければ各部品をハンダ付け。
シルク印刷と写真を参考に部品を取り付けてください(ダイオード D1,D2 の向きを間違えないように)
※DC-DCコンバーターの出力側のダイオード(D2)は必要なければ取り付けなくてもOKです。
電源スイッチの配線はDCジャック横にハンダ付け。
nesrgb-av12.jpg   nesrgb-av02.jpg   nesrgb-av14.jpg 
本体にネジ止めして再度確認。問題なければ基板のシルク通りにNESRGB基板から配線してください。
音声入力はCPUの1ピンからとエッジコネクタの46ピンから配線します。
パレットスイッチはNESRGBの3種類のパレットから2種類を選んで配線してください。
nesrgb-av04.jpg   nesrgb-av09.jpg   nesrgb-av10.jpg   nesrgb-av11.jpg 

電源配線部分は赤白ファミコンに付いていた7芯ケーブルがそのまま使えます、ピンアサインも同じなのでそのままハンダ付けして利用してください。すべての配線が終われば完成!
nesrgb-av13.jpg   nesrgb-av05.jpg   nesrgb-av15.jpg 

ACR WEB ブログランキング参加してます

ミニファミコンのコントローラーを無線化してみる 

11月10日に発売された「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」は今でも入手困難となってますね。
ミニファミコンの仕様や説明は他のサイトにお任せするとして…
miniFC-20.jpg 
で、やっぱり新製品が発売されると分解したり改造したくなっちゃいます…
まずはWiiクラシックコントローラーをつなげるようにケーブルを交換しますが、詳しい説明は他サイトにあるのでここではザックリと説明を(^-^::

クラコンの延長ケーブルを使えば本体用とコントローラー用のコネクタが入手できます
黒ケーブルが欲しいですが海外からに入手になるので、とりあえずAmazon で購入
クラコンの延長ケーブルを半分に切ってしまいます
miniFC-17.jpg 
ケーブルを脱着式にするため適合するコネクタを探すとありました
本体内部は6ピン 1.5mmピッチのハウジング ZHR-6、コネクタはS6B-ZR
ZHR-6.jpg   S6B-ZR.jpg   miniFC-08_201611270230471f1.jpg 
ミニファミコンのコントローラーはケーブルを交換してクラコン化
miniFC-05.jpg   miniFC-04.jpg   miniFC-02.jpg   miniFC-03.jpg   miniFC-19.jpg 
本体のケーブルも交換してクラコンが使用できるように改造
ハウジングは入手したけどまだ分解するので仮コネクタをピンヘッダで代用してます
miniFC-23.jpg   miniFC-21.jpg   miniFC-24.jpg   
準備が出来たので無線化に挑戦…
しかし1からハードを作れる技術はないので、流通しているハードで何とかならないかと考えてみた

※ 2016.12.04 追記
N64/GC/ファミコン/スーパーファミコンをWiiクラコンに変換する基板がNES Classic Editionにも対応したみたい。
なのでこの基板を購入して作成すれば簡単に無線化が出来る!
回路図があったので手持ちの部品で実験。NESコントローラーや無線レシーバーも問題なく動作しました。
Extenmote: NES, SNES, N64 or Gamecube controller on Wii or Wii U via the Wiimote.
※回路図上には無いですが、I2Cラインに1kΩでプルアップが必要でした。
miniFC-27.jpg 
raphnet technologies - N64/GC/ファミコン/スーパーファミコン→Wiiリモコン変更基板
※ファームは1.9.7みたいなので、自分で2.1.0に更新する必要があるかも…
ということで自作の無線化実験はとりあえず保留にしておきます(^-^;;



前に
NES-P6ジョイスティック変換基板を作成して無線化したのでこれを流用できないかと…

色々と調べて見ると、クラコン内のチップ(FNURVL)を使えば何とかなりそう
※任天堂公認のハードしかこのチップは付いてないのでご注意
miniFC-13.jpg 
まずはクラコンを分解してボタン配線を乗っ取って、NES-P6ジョイスティック変換につないで実験
miniFC-11.jpg 
Retro Receiver for NES を使って無事に無線化の実験は成功
対応している8Bitdo製のコントローラーやWiiリモコン、PS3コントローラーなど問題なく動作しました
miniFC-09.jpg   miniFC-10.jpg   miniFC-14.jpg 

ミニファミコンとコントローラーはI2Cで通信してるとのこと

となればFNURVLチップさえあれば、クラコン化も可能っぽい?です
クラコンの配線を追ってみるとFNURVLのピンアサインはこんな感じ(不明なピン名は適当です…)
kakoさんのサイトを参考にさせていただきました → 
kakoのネタ集
miniFC-28.jpg  ※2016.12.08修正

ってことでテスト基板を作成してElecrowへ基板発注…
Wii-miniFami_F.jpg   Wii-miniFami_B.jpg 

基板が届いたら部品を実装して、また動作報告したいと思いますー
ちゃんと動作してくれればいいけれど…

※ 2016.12.03 追記
基板が届いて部品を実装したけどうまく動かず… FNURVLチップが壊れた可能性も。
クラコンを入手して再実験しなければ。
miniFC-25.jpg   miniFC-26.jpg 

ACR WEB ブログランキング参加してます

TENGEN#64 フラッシュカートリッジ基板 作成 

2013年に紹介されていたNES未発売の「ハード・ドライビン」 
開発者がNESイメージを公開していて、実機でも動作可能と言うことで以前カートリッジを作成しました。
以前の記事はこちら → 
NES未発売「ハード・ドライビン」
NES_HD06.jpg   NES_HD04.jpg   NES_HD05.jpg 

今回はファミコンカセットに内蔵させるため、RAMBO-1基板の配線を追って回路図を作成。
基板発注しました(頒布品はこの基板のみとなります)
NES_HD18.jpg   NES_HD19.jpg 

まずは部品を取り外す前に吸い出しもしておきましょう。
Kazzo用の吸い出しスクリプトは上記の以前の記事にあります。
NES_HD10.jpg   NES_HD12.jpg   NES_MAP64.jpg 

次にマッパーコントローラのRAMBO-1チップ(仮称)を取り外します。
犠牲にするカセットはMAP#64であれば何でもOKです → 
NesCartDB Mapper#64
NES_HD11.jpg

秋月で販売されている 
MX29F040TC-70 を準備
あとはTENGEN#64 フラッシュカートリッジ基板にRAMBO-1チップとFlashRomをハンダ付けすればOK。
0.1uFのセラミックコンデンサや100uFの電解コンデンサは無くてもとりあえず動作はします。
※MX29F040の向きに注意、右下の〇が1ピンです
写真はテストのためICソケットを使用してますが、カセットに内蔵するなら直付けしてください。
NES_HD13.jpg   NES_HD14.jpg   NES_HD17.jpg 
左上のスイッチは2in1用の切替スイッチですが、使用しないなら中央のピンからどちらかにジャンパしてください。
FlashRomは4Mbitなので2M+2Mで2本のゲームを書き込めば2in1カセットとなります。
74LS32は取付不要。JP1はPPU CE側にジャンパ
※実基板上で74LS32は PPU/RD と PPU A13 のORをとってCHRROM(MASK-ROM)の /CE につながっていますが、FlashROMではPPU A13をそのままつないでいます。

ハードが完成したら、KazzoとTENGEN MAP#64用のスクリプトを使用してROMイメージを書き込み。
MX29F040TC をkazzoで設定していない場合は、下記の内容を flashdevice.nut に追加してください。
MX29F040TC_2 は 2つ目のROMイメージを書き込む場合に使用します。

---ここから
["MX29F040TC"] = {
capacity = 4 * mega, pagesize = 1,
erase_wait = 8000, erase_require = true,
retry = false,
id_manufacurer = 0xc2, id_device = 0xa4,
command_mask = MASK_A10
},
["MX29F040TC_2"] = {
capacity = 4 * mega, pagesize = 1,
erase_wait = 8000, erase_require = false,
retry = false,
id_manufacurer = 0xc2, id_device = 0xa4,
command_mask = MASK_A10
},
---ここまで

実機で動作確認して問題なければOK!
NES_HD16.jpg   NES_HD20.jpg 

基板のみですが在庫限りで頒布していますのでこちらから → 基板頒布のお知らせ
申し訳ありませんが頒布は終了しました。


NES_HD15.jpg 


ACR WEB ブログランキング参加してます